WiiU

WiiU買って来ました

20121208103223無駄にこういったモノが好きなガジェオタとして当然のごとく、買って来ました。
当然のごとく、整理券はNo.1。当然のごとく、プレミアムモデル。
当然のごとく、ソフトは買っていません。

 

現在初期設定を進めて、とりあえず更新中です。

 

20121208103927

右上にあるのが、なかなかにデカいACアダプタ。
本体はWiiと比較して長くなってます。ここらへんは気になりませんね。
据え置き機なんて一度設置したら電源ボタンとイジェクトボタンくらいしか触らないのですから、どんだけ大きくて重くても関係ありません。むしろ、デカく(=空冷ファンとヒートシンクをデカく)して、ファンをゆっくり回すことで音を減らしてくれた方が嬉しいものです。小さくすると冷却性能稼ぐにはどうしてもファンを高速回転させる必要があり、その高速回転は完全に騒音の原因となりますから。

 

 

20121208103709

更新画面。
ここまでで思ったことですが、とにかくユーザビリティが低品質です。設定は基本的に、タブコンのタッチパネルを使わされました。そしてテレビ画面には、読む人なんていないであろう簡単な説明といった感じです。

いちいち、わざわざ、タブコンを見ないといけないというのは、正直言って面倒なだけなんですね。これ言うとWiiUのコンセプトを根本から否定することになるのですが、とりあえず、面倒です。
これはDSの頃から思ってることですが、2画面ってほんと面倒なだけでして。それを用いて画期的に、より使いやすく楽しく操作できるシステムって、まだないと思うんですよ。どう考えてもデカい1画面の方が便利です。まあそんなことを言っても仕方ないのですが・・・

バージョンアップまでしかまだいじっていないものの、既にありとあらゆるロード時間が待たされることを実感。電源を入れてすぐ。設定画面への移動。とりあえず待たされますね。その待ち時間を紛らわせる工夫は感じられず、フリーズしたのかロード中なのかは判断不可能でしょう。
UIも含めて、ソフトウェア改良の余地はかなりありそうです。
現時点では5段階評価するなら2です。まだ全然触っていませんので、鵜呑みにはしないでくださいね。

 

悪いことばっかり書いてると怖い人に怒られるかもなので、良かった点についても。

タブコンは思ったよりもずっと軽かったです。ここは特筆したいところですね。
物を持った時にどう感じるかって、まず見た目の印象も重いか軽いかの二択で、それを元にした体感の重いか軽いかの二択で、それ以外は存在しません。

重そうなものを持った、やっぱり重かった
重そうなものを持った、軽かった
軽そうなものを持った、重かった
軽そうなものを持った、やっぱり軽かった

見た目重そうなのに実際軽い(と感じる)と、それはとても軽い物体に感じます。
実際の重量より、この体感重量が大切です。タブコンは見た目と比べてかなり軽く感じました。これはとてもいいですね。

ただしタブコンの液晶は、控え目に言ってゴミ液晶。素直に言えば目が潰れそうです。
iPhoneを筆頭とした高品質な液晶に慣れた目には、この見る角度によって色調が狂うTN的な絵は、吐き気がします。またタッチパネル(感圧式)の関係からでしょうか、斜めから見た際に、”滲み”が確認できます。ただのTN液晶はただ色が狂うだけで、滲むことはありまえん。でもタブコン液晶は滲みました。ここらへんはマイナスポイント。

操作性については、まあゲーム買ってないので手に持った感じでしか書けないのですが、悪くなさそうです。3DSのクソっぷりと比べると大変素晴らしい配置です。L1とL2、R1とR2が若干遠いかな?とは思いましたが、まあタブコンでそこまで忙しいゲームはしないと思うので、問題ないでしょう。

 

いいところもたくさんあると思うんですけど、ちょっと悪いところが目立っちゃいますね、現時点では。
また色々まとまったら記事にしようと思います。
更新中の待ち時間にこの記事書いてみたんですが、書き終わった今も更新中です。まあ発売日なので仕方ないでしょう。

【雑記】WiiUは明日、12月8日発売です

近所のゲオが当日販売するとのことなので、私はそこで買ってこようと思います。
買うのはもちろんプレミアム版。理由はドラクエ10のβテスト参加権がついてくるからです。

なお私は比較的任天堂ソフトに興味がなく、WiiもWiiUもドラクエ専用機になる予定です。