auのiPhoneXの値段が発表された

20171023211741
されましたね。

というわけで私が契約した場合いくらになるのか計算のコーナーです。購入を検討している方、ご参考にどうぞ。

月額は7310円か6770円

iPhoneX 64GBを機種変更で購入、iPhone7は下取りで、この金額が出ます。
電話が5分以内無料のスーパーカケホに入るなら7310円、入らないなら6770円です。結論だけ求めてる方、以上終わりです。以下は細かい計算内訳。

まず「毎年買い換える」という人ならお得になるアップグレードプログラムEX(a)に加入します。従来のアップグレードプログラム(1年半のヤツ)はお得度が低めな上に1年で買い換えられないので下取りでいい状態でしたが、今回のこれはお得度が高いので入ります。アップグレードプログラム料はキャンペーンで無料。

iPhone7の下取りは機種変更の場合35640円です。メルカリなどで売った方が高く売れますけども、私は手軽な下取りに出します。
auの下取りは画面割れもOKなので、電源が入って充電さえできればOK。本体だけ回収なので、周辺機器や、人によっては大切に残してるであろう箱も残ります。私はiPhoneはケースに入れず裸で使う派なのでそれなりに自然発生するスレ傷はありますし、年に1回か2回くらいは落としてしまって角にキズもありますから、美品としては売れないです。そこらへんを考えると、下取りというのは悪くない選択だと思います。

データ通信量が5GB未満になる月は一切ないので、プランはフラットプラン(20GB)です。変更前の今も、カケホとデジラ時代のデータ定額20GBです。

電話はあまり使いませんが全くではないので、5分以内の通話が無料のスーパーカケホに入ってもいいし、今も入っているのですが、今回は入りません。通話代は使った分丸々請求のタイプでいきます。
ちょっと電話が多かった月単体で見れば入っていた方がお得なことはあると思うんですけど、全く電話使わない月の方が圧倒的に多く、直近一年間を振り返ったら入らないほうがお得でした。それに家族間なら家族割で入らなくても無料ですしね。
長電話になると言えば企業のサポートなどで使われるナビダイヤルが思い当たるのですが、あれは無料対象外ですから。

私は保有ポイントが6000ptくらいあるはずなので、ポイントは6000pt使うとします。

auスマートバリューには入らないものとします。

また期間限定のキャンペーン類については次のものが入るとします。

・iPhone交換プログラム[URL]
購入後に5000円分がウォレットへチャージの形でキャッシュバックされます。

・ピタットフラットに変えよう[URL]
iPhoneX発売日前にピタット/フラットプランへ事前変更をすると、1000円分がウォレットへチャージの形でキャッシュバックされます。店舗での手続きを簡略化することで客を捌く速度を増やすことを目的としたキャンペーンなんでしょうね。プランを変えるとiPhone7で発生していた毎月割が消滅しますが、そもそも機種変更によっても消滅しますから原則として気にする必要はありません。適用月を「翌月から」とするくらいでしょう(今からなら当月はもう選べませんが)。
ただし注意点があり、iPhoneXは事前報道によると生産が少なく入手が遅れる危険性があります。つまり、11月中にiPhoneXが手に入らない場合は11月中の機種変更が成立しません。事前変更をしていなければ11月分の毎月割をもらえていたことになりますね。
この場合、消える毎月割の金額は2445円ですから、キャンペーンで貰える1000円と、カケホとデジラ時代のデータ定額20GBからauフラット20GBへ変更することで発生する差額――スーパーカケホ同士なら1500円のはず――を考えて、ほぼトントン、55円お得かな?となります。
更に遅れて12月までズレると逆に損します。プランの料金差額が1500円なのに、消える毎月割は2445円ありますから。27日16時からの予約開始後すぐに叩き込めばそこまで遅れることはないと思いますが、一応注意点として気にはしておきましょう。具体的に言えば、真っ先に予約を叩き込む予定がない人は事前変更はやめましょうってことです。12月よりも遅れるとキャンペーン対象外になります(12月31日までの変更が必要)。

・ビッグニュースプラン[URL]
機種変更と同時にピタット/フラットに入ると翌月から1年間月額1000円割引です。この翌月からというのがちょっとクセモノですがまぁ細かいことは考えないです。
変えようキャンペーンは事前に変更なので、それをするとビッグニュースが対象外になるような気がしましたが、よく見ると”「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」にプラン変更をした後、受付期間中に機種変更した場合でも本キャンペーンは適用となります。 “と書かれているので大丈夫です。

以上を元に計算をすると、こうなります。

20171023215354
まず基本的な請求額は、11280円(スーパーカケホ)、10740円(シンプル)です。ここはauの料金シミュレーターが出してる値そのままです。
そこへiPhone7の下取りと6000ptを合わせると、本体代は7ヶ月目までが全額相殺され、8ヶ月目に1080円だけ発生し、9~12ヶ月目は全額となります。13ヶ月目で来年のiPhoneを買って残債と共にiPhoneXは回収です。

12ヶ月での合計支払額が、93720円(スーパーカケホ)、87240円(シンプル)。通話料は考慮外。
そこへ、iPhone交換プログラムの後日付与5000ポイントと、ピタットフラットに変えようキャンペーンの後日付与1000ポイントの合計6000円分を引き、12ヶ月で割ると、毎月の平均は7310円(スーパーカケホ)と6770円(シンプル)が導き出されます。来年のiPhoneX-2(仮名)の時には残債リセットの上で再計算なので、2年目料金は考慮不要です。

コメントを残す