JAPANNEXTのやけにコスパが高いゲーミングモニタが気になる

JAPANNEXTと言えばコスパの高いモニタを出してることで有名だと思いますが、先日に発売されたモニタがかなりいいところにピンポイントで狙ってる気がします。

WQHD 144Hzで約35000円

今回発売した、JN-IPS27144。直販価格44,990円を10月17日まで1万円引きの34,990円なのです。

27インチWQHDという、デスクに置いて使うのにはちょうどいいサイズで144Hzに対応していて、パネル方式もTNではなくIPSなんですね。60Hzを超えるゲーミングモニタの多くはTNで値段も7~8万するので、コレはやけに安いなと。IPSならゲーム用途以外でも普通に使えるのがいいですね。コスパに関して言えば史上最強クラスなんじゃないでしょうか。

繋ぎにもちょうど良さそう

2016年末~2017年頭にかけて、4K、HDR、144Hzの三拍子揃ったPG27UQなどのゲーミングモニタが発表されて「高いけど全部入りやん!」と話題になりましたね。また2017年春では、UWQHD(3440*1440)、HDR、200Hzを揃えたPG35VQなどのゲーミングモニタも発表されました。私は4Kよりウルトラワイド派なので、後者を買いたいと思いました。
で、どちらも当初は2017年内発売予定でしたが、既に2018年へと延期されちゃってるんですよね。今のところは2018年Q1みたいです。4Kの方から起算すると1年以上待たされる形になり、待ちくたびれている人も多いでしょう。

私もゲーム用に早いモニタが欲しく、でも基本的にメインモニタ1枚に全てまとめたいがために全部入りを待っていたので・・・繋ぎとして安くて高速なJN-IPS27144を買うのはちょうどいいのかなって気がしてます。今使ってるサブモニタはDellのU2711、5年前の液晶ですから買い換えという考えもできますし。U2711はWQHDが出始めた頃の安いモニタで「安くて高解像度だけど目潰しギラツブ液晶」と話題になっったヤツです。たぶんこれよりは品質いいでしょう、JN-IPS27144。

ついでに、今のPCモニタのトレンド的な

20171011001251
現状で発表済みのモニタの解像度、リフレッシュレート、HDR対応有無を表にすると、だいたいこんな感じですね。フルHDでHDRと高リフレッシュレートを同時に入れたモニタはまだ出てない気がしますが、別個には存在しているので表上ではこうなっちゃいました。あとUWQHD+は25:9というべきなんですけど、LGは21:9と表記するのでそうしてます。

現時点でHDR+高リフレッシュレートを実現するモニタは4KかUWQHDかの二択となっています(発売は遅れるけど)。高解像度+高リフレッシュレートで動かせるグラボが存在しないというのは、あと何年かすれば自然に解決するはずですから無視するとして、どちらも一長一短な部分があるんですよね。

まず4Kを選んだ場合、4K UHDブルーレイが見られるとか、PS4 ProやXboxOneXが使えるというのがメリットでしょう。ゲームは主にPCだという人でも、コンシューマ機の専用ソフトを遊ぶことはあるでしょう。
そしてデメリットとして、完全に映像・ゲーム用になってしまうという部分があると思います。というのも27インチに4Kはドットピッチが小さすぎるので、スケーリング設定を変えないとPCとしての使い勝手が悪くなります。しかしWindowsは互換性のためにいつまでもスケーリングがカスなOSなので、スケーリングを100%以外にしちゃうと結局は使い勝手が悪くなるんですよね。Windowsである限り、なるべく100%で使いたいという人は多いでしょう。私もそうです。4Kをスケーリング100%で使う場合には40インチがジャストですが、40インチを超えると机の上――手を伸ばせば画面を触れる距離――に置いて使うには大きすぎます。つまりPC用には4K解像度自体が向いてないって気がします。

そして34インチのUWQHDのメリットデメリットは、4Kの真逆です。スケーリング100%でちょうど使えます。モニタのサイズ的にも机の上に置いて使う場合の最大サイズがこれでしょう。ギリギリ、37.5インチのUWQHD+がいけるかもってレベル(私は実機未確認)。
そしてデメリットは、PC専用となることです。PS4 ProやXboxOneXは21:9のアス比には対応していないので、フルHDに設定しないといけなくなっちゃいます。解像度的には4Kを下回るので、4K UHDブルーレイも縮小することになっちゃいますね。というか現時点では4K UHDブルーレイをPCで再生するには色々と条件があって大変、XboxOneSやXで再生する方が楽なのですが、そうなるとXboxOneSやXが対応していないUWQHDでは再生できないという。

結局のところ、リビングの大画面で映像用に4Kテレビ(高リフレッシュレートは不要になるけど)、PCにはUWQHDと使い分けた方がいいんじゃねって気がしないこともないですね。とは言え、全部入り1枚にまとめたいというニーズは少なからずあり、私もそう考える一人なので、うーん・・・悩ましい。

コメント

  1. battleShip より:

    勉強になりました
    こういうの詳しくないので助かります

  2. 匿名 より:

    リモコン付き、高リフレッシュレート、入力端子が豊富でARC対応
    EIZOあたりが作ってくれれば20万でも30万でも買いたい
    実際こんなモニタなんてないから、TVにPC繋げるしかないです

コメントを残す