ウィッチャー3は人類の到達点なのでぜひ買いましょう

20170924184109
ウィッチャー3を購入して1ヶ月半が経ちました。メインストーリーのエンディング自体はおよそ一ヶ月前に見ましたが、ようやく「だいたいやることがなくなった」程度までプレイしました。私は周回プレイをするスタイルではないので、ひたすらにやり残したクエスト(の中で気になるもの)をやったり、ダウンロードコンテンツのお話を見たりしていました。

20170925220130
プレイ時間は99時間。メインストーリーのエンディングを見た時に68時間だったので、DLCや残ったクエストが31時間あったみたいです。

2015年発売のゲームなので少し今更感はあると思いますが、ここでレビューといきましょう。

とりあえず概要のみサクっと

2015年のゲームなので今更説明しなくても興味ある人は知ってるだろって思いますけど、一応さらさらっと概要を書いておきますね。

パット見は、昨今の洋ゲーあるある感漂うオープンワールドのゲームです。世界は広いですし、決まったルートもなく寄り道もし放題です。様々なクエストでも、人を助けるもよし、見殺しにするもよしです。そんな世界で、ウィッチャーと呼ばれる、化物狩りを生業とする超人のゲラルトさんの物語を楽しんでいきます。その物語が凄いというのが最大の特徴です。

現時点で人類が到達できるゲームの最高傑作

どこかのレビューサイトでそんな感じの見出しを見たことがあり、まぁパクりに近い表現になるのですが。私もそうとしか表現のしようがないと思ったので素直にパクってそう書きます。

恐ろしくなるほどに練り込まれた重厚なストーリー。これはメインの物語の話だけではありません。普通のゲームならばただのお使いになるようなサブクエストの一つ一つにも物語が存在し、またその多くが会話中の選択肢によって結末が細かく変化します。初見プレイの結果が「同じ世界になる」人は簡単には見つからないのではないかというくらいに、ありとあらゆる場所に物語があります。そのため「ダルいな」と思いながら作業感に苛まれつつ処理するサブクエストはほとんどなく、自分自身が気になるから見に行くという自然な寄り道が発生し、水増し感なくプレイが進んでいきます。

JRPGにこそ、こうなって欲しかった

ウィッチャー3は物語に重きを置いた作品です。
ゲームが面白いかどうかというより、この物語が面白いかどうかで語ってもいいのではないかというくらいに、圧倒的なテキスト量と物語の分岐によってプレイヤーが紡いでいく物語です。選択肢に正解はありません。一応はトゥルーエンド的なものからバッドエンド的なものまでありますが、別にトゥルーエンドが正解だとは感じません。「自分にとってのゲラルトの物語はこれなんだ」と、どのエンディングでも納得して見ることができます。私はバッドエンドに到達しましたが、再プレイしてトゥルーエンドを見ようとは思いませんでした。私にとってのゲラルトの物語はこれです。

これは私の好みの話なのですが、一本糞と揶揄されることもあるJRPGが好きです。「次はここに行くべき」と指示されながら操作できる映画のように物語を楽しむことを好み、その逆に、自分で楽しみ方を探すのは少し苦手です。そのためオブリビオンやスカイリム、フォールアウトのようなオープンワールド洋ゲーは世界的な評判に比べるとそこまで面白いとは思えませんでした。
私のこれは日本人に多い好みだと思い、そういった日本人をターゲットにしたJRPGの一本道物語は決して悪くないと思っています。そしてそういった日本人好みの物語重視JRPGにこそ、ウィッチャー3のようなゲームを生み出してほしいと心の底から感じました。物語を追ってるうちに自然と世界が揺れ動き、自分だけの物語が出来上がるなんて、最高じゃないですか。

ダークファンタジーっぽいけど暗すぎない

全体的にダークファンタジー感が漂う世界なので、人はばんばん死にますし、表現もグロテスクです。では暗い作品なのかというとそんなこともなく、堅苦しいおっさんのゲラルトが時折見せる「かわいさ」に思わず笑ってしまうこともあるし、ワクワクと楽しいクエストもあります。ただただ陰鬱になり続けることがないので、浮いたり沈んだりと心に負荷なく楽しんでいくことができました。物語の内容はネタバレになるのであまり書きたないのですが、まぁ、物語としてもバランスがとても良いんですね。

物語だけの一辺倒でもない

ここまで物語のことしか書いてませんが、それだけではありません。何もかも全てが高い次元に築き上げられています。

オープンワールドゲームと言えば、バトルがオマケ要素みたいになりやすいものですが、ウィッチャー3のそれはかなり完成度が高い方に感じます。私は物語重視で難易度を下げたので「レベルを上げて殴れば敵は死ぬ」という状態になりましたが、下げるまではわりと敵が強かったし、気を抜けば自分がすぐに死にました。

攻撃力が高くて守備力が固いだけの理不尽な敵の攻撃を避けながらちまちま削るのかというと、そうでもなく。強い敵と渡り合うための要素として、剣に塗るオイル、ウィッチャーの魔法、爆薬など様々なものがあり、それらがどのモンスターにどう効くのかはウィッチャーの知識としてゲーム世界に織り込まれています。まぁ、どんな攻撃でも最低一発は確実に耐えるクエンという魔法がハンパなく強い気がするんで、バランスが完璧ではないとは思いますけど。オープンワールドゲームとしてのバトルではこれより面白いものを探すほうが難しいでしょう。

音楽も良好で、全体的にカッコイイです。
酷いゲームは音楽のせいで場を盛り下げるようなことがありますが、少なくともそんなことは一度たりともありません。

息を呑む桁違いのグラフィック

20170924193134
私は衝動買い的にGTX1080Tiに買い替えちゃったので、一般的なゲーム環境――PS4とか――と比べたら性能も値段も桁違いの環境になったのですが、とにかくグラフィックが圧倒的です。高画質化系のMODも入れてますが、これ2015年のゲームなんですよねぇ。もう2年も前なんですよ。

20170924193806
グラは悪いよりは良い方がいいけど、良ければいいってものではない。グラが良い=面白いではないし、悪い=面白くないでもない。と私は思っています。ですが、ここまで来ると流石にグラフィックだけで楽しくなるんだなと感じました。少し前までクソグラのネトゲをやってたこともあり、ネトゲの世界にこもってる間に世界はここまで来たのかと感動する勢いですね。

20170924190809
美しいグラフィックと場を盛り上げる音楽に彩られながら、上質な物語を自分の選択で選んで進めていくのは、ただ見るだけの映像作品や、ただ読むだけの小説では決して味わえない体験でしょう。ゲームだからできる「話の流れを自分で選ぶ」ことによる世界への没入感は、ゲームに物語を強く求める日本人型ゲーマーにとって、これ以上の作品は存在しないと言い切ってもいいほどに楽しい時間でした。

100点満点をつけるしかない

20170924184347
ウィッチャー3を99時間プレイしている間、「ここは嫌だな」「ここが良くなればもっと面白いのに」というところを見つけることは、残念ながら私には出来ませんでした。減点方式で採点すれば、減点要素がないため100点満点をつける他ありません。加点方式で考えても100点に近いでしょう。2015年のゲームとは言え、まだ人類が到達できる最高傑作の地位は揺るぎなく、ダークな表現は嫌ってことがなければ、今からでも遅くないのでぜひプレイするべき作品です。

圧倒的なグラフィックも一つの魅力ですから、できれば高性能PCでやってほしいと感じつつも、流石にグラボ1つで10万円を突破するような環境を用意して遊べっていうのはムチャですね。ちょうど今月上旬に、PS4 Proに4Kパッチを近いうちに出すということを発表しましたので、ここはPS4 ProかXboxOneXでやって欲しいですね。ホント、買って後悔しない素晴らしいゲームですよ。

コメント

  1. 匿名 より:

    レビュー乙です。
    減点要素がないとなるさんにそこまで言わせるなんて本当にすごいゲームなんだと思いました。
    機会があればやってみたく思います。

    こういうすごいゲームがある中でリックレイのセンスのなさとドラクエ10衰退の現状には怒りと絶望しかないですよ。
    もうご存じだとは思いますがバトルエンピツがバージョン4で実装されるようですね。
    それがおもしろいおもしろくないは置いておいてリックレイという最大の負の遺産をバージョン4を契機に全てリセットして新生して欲しかったです。
    学園もそうですがユーザーの意見を聞く気はない体制がバージョン4になっても続きそうで嫌な予感しかないです。

  2. 匿名 より:

    ほんま、文句が多い なるせにここまで言わせるとは、とんでもないゲームなんだな

  3. 匿名 より:

    終わりのない物語ドラゴンクエスト10並みに素晴らしいゲームだと僕も思います。

  4. 匿名 より:

    ウィッチャー3に比べてドラクエの幼稚臭さ
    ストーリーも世界観も適当で、バトエンとかくだらないものや
    学園とか世界観むちゃくちゃだったり
    全くドラクエも落ちぶれたものよ
    本来ウィッチャー3みたいに進化し世界中で絶賛されるのを目標にし
    もっと高みを目指してほしかった
    リキカスごときじゃあれが限界なんだろうし
    後継者もいないし、ドラクエは終わったなと思う

  5. 匿名 より:

    私はバトルがいまいち楽しくなくて積んでました(Horizonをクリアした直後だったので仕方ない)が、今回の記事を読んで改めて再開してみようと思いました。

コメントを残す