Oculus、VR Cover、VR Lensを注文してから届くまでまとめ

これまで何度も記事にしてきたOculusですが、ついに本体が到着したぞ!

20170828180528
と思ったら追加センサーだけでした。あとなんかUSB延長ケーブルも同封されてました。
公式への注文を一度キャンセルをしているとは言え、最初からけっこうな日付が経ってきたので、これまでの流れをまとめることにしました。この記事は到着まで随時更新してみようかなと思います。注文しようかどうか迷っている人にも、注文方法とか所要日数とかの目安になるかなと思います。

とりあえず現在のタイムライン

20170909152843
大まかな流れはだいたいこんな感じ。

8月17日(木)、買うぞと決めて公式へ注文。またメガネマンが快適に利用するためのVR Lensも注文。2~4営業日で発送されると思っていたら動きがないので、1週間経過した8月24日に公式への注文をキャンセル、米アマゾンで注文し直しました。翌25日にVR Coverも注文。そこからは全て届くのを待つだけとなって、8月31日現在、VR Lens以外は届きました。

注文方法、買い方について

Oculus公式、VR Lens、VR Coverの買い方はこの記事を参考にどうぞ。
記事中ではOculus公式とVR Lensの注文の流れを書いていますが、VR CoverとVR Lensは同じところが出していて、サイトの作りが同じです。Coverはlensと同じ手順で注文できます。

米アマゾンでのOculus本体の買い方はこの記事を参考にどうぞ。
私は本体+Touch追加センサーを購入しました。また米アマゾンで注文した場合にメーカー保証についてはどうなるのかというのはOculusサポートに問い合わせているので、この記事を参考にどうぞ。

Oculus本体と追加センサーの発送状況

Oculus本体と追加センサーを米アマゾンに注文した時には、送料節約の意味も込めて「まとめて発送」を選んでいたので、てっきり同時に届くと思っていたらセンサーだけ発送され、届いてから気づきました。まとめて発送を選んでアマゾン都合でバラバラ発送の場合、追加送料はかからないから別にいいんですけどね。

20170828182924
米アマゾンのステータスだと、25日~28日の間、「今日中」に発送のままでした。
注文時から一貫して到着予定日は31日ですが、米アマゾンの日付は現地時間が記載されているので、日本時間では9月1日です。

GTX1080Tiを買った時も、先に発送された追加センサーも、1日ごとにアメリカの空港到着、日本の空港到着、通関手続き、配達という流れで4日で届いています。なので28日中に発送されたら予定通り1日着は可能ですが、28日中に発送されなかったので、サポートに「ずっと”Shipping today”なんだけど大丈夫?」と確認しました。

20170829003233
TOEIC100点の私が神翻訳すると、「8月31日までに届くように発送する」ってことですね。

20170829190829
そして8月29日の朝(現地時間で28日の夕方)、発送の連絡がありました。カナダのオンタリオとアメリカのレッドランズ、どっちも書かれてるので発送元がどこか謎。

20170831185958
途中のステータスではロサンゼルスを経由していることから、出発地点はオンタリオだと思われます――ロサンゼルスとレッドランズは近くにある――。ロサンゼルスにはGATEWAYという表記があるので、これは空路ですね。

Untitled
オンタリオ→ロサンゼルス→シンシナティを直線で結ぶと・・・アメリカ大陸往復してますね。どうして一度ロサンゼルスに行く必要があったのだろうかと疑問です。サマーセールで国際的に在庫不足――でアメリカ優先だから日本向けはクソ遅い――なので、オンタリオにあった在庫を取り寄せ、ロサンゼルスに発送センターがあった・・・としたら、オンタリオ→ロサンゼルスはアマゾンの内部の話なので私の手元に来るDHLの配達番号で追跡できるとは思えないです。まぁとりあえず発送されたってことが重要。

20170831183120(1)20170831183120
そして30日の夜間に日本に来て、31日の午前中に通関手続きが完了しました。GTX1080Tiも追加センサーも通関手続きには朝から夕方までかかっていたので、午前中に終わるのはかなり早い印象です。これによって当日中に配達できる可能性が生まれました。すぐに「部屋の前に置く」を指定し、そこでは31日当日中配達という表示が生まれたことが確認できました。

20170831183032
しかし13時半、佐川急便に渡されたというステータスに変化(DHLが提携している日本国内の運送会社は佐川急便)。
これだとDHL→佐川急便という手続きが生まれることで遅れる可能性があるのではないかと心配でしたが、夜、DHLの服をきた人が持ってきてくれました。

8月24日の夜に注文して31日の夜に到着ですので、7日で届いたということですね。
Oculus公式だと発送までに1ヶ月かかるのでそれと比べたら十分に早いんですけども、優先配達を選んだのに即日発送されなかった理由がよくわかりません。わりと大型の国際便になる関係から、発送可能日が決まっているのかも(※)知れません。
※アマゾンには「今注文したらいつ届く」という表記がありますよね。そこが24日時点で31日着と書かれていたのに、4日経過した28日現在でも、1日着にしかなっていないのです。普通なら4日経過したら到着予定日も4日ズレるでしょう。そうなると、発送可能日が決まっていて、数日分をまとめているのではないかってことです。

VR Coverの発送状況

20170828184755
8月25日の夜に注文をしました。
最初は購入する予定がなく、コメントで「買ったほうがいい」と教えて貰ったため、注文日が遅いです。注文時点ではOculus本体もすぐ発送されると思っていたため、配達方法はStandardではなくExpressを選択しました。送料の差は12ユーロ。

20170828183636
Expressを選択したわけではありますが、アマゾンのような巨大ショッピングサイトと違って「営業日」があります。そのため25日(金)の注文は週末を跨ぎ、28日(月)に発送となりました。夕方にDHLから配達予定日の連絡のSMSが届きました。そして30日の朝時点で「本日配達」に切り替わっていました。私は平日日中に受け取ることができないので、翌日(=31日)の夜間配達に変更しました。DHLの夜間配達は佐川急便が担当します。

上述の通り、Oculus本体が31日当日中配達で佐川急便に渡されたことから、一緒に届く可能性があると思っていまいた。しかし先に佐川急便がVR Coverだけ持ってきて、うおー本体来なかったかーとショックを受けていたら数分後にDHLのジャケット着た人が配達に来ました。

8月25日の夜に注文して、8月30日到着。5日で届くということですね。
ただし注文日が金曜の夜のため、週末を跨がなければ翌日発送だったかも知れません。まぁ週末を跨いでも1週間以内に届くと考えればいいでしょうか。Standardを選んでいた場合はもっとかかると予想されますが、なくてもOculusは遊べるので、一番重要度は低いでしょう。

VR Lensの発送状態

20170828185313
Oculus公式と同時に注文したため、Oculus公式をキャンセルした今となっては一番最初に注文した商品となってしまいましたね。

Oculus本体、VR Cover、両方共到着したタイミング(8月31日)ではまだ未発送。レンズの度数にオーダーをかける都合上、当たり前ですがレンズメーカーへの加工発注が入っているはずです。メガネを買うのと同じですね。そのため時間がかかるのは当然ではあるのですが、ネットの購入レポートを見る限りだと1週間程度で発送されていたので、2週間動きなしに愕然。

20170902103005
発送完了メールが来たのは9月1日の17時前でした。ちなみに迷惑メールボックスに突っ込まれていました。まぁ、丸2週間で発送ということですね。
注文タイミングが木曜だったので、週明けからレンズメーカーに発注かなっていうことが予想できるので、発送までにかかる日数としては最悪のパターンだったのかも知れません。

発送方法は「Deutsche Post Mail」となっていて、追跡番号はDHLのeCommerceでした。最近個人輸入したもの、GTX1080Ti、Oculus本体、Oculus追加センサー、VR Cover、全てDHL Expressで、こっちはeCommerceです。eCommerceとはそもそも配達方法を意味する言葉ではなく、電子商取引、つまり通販を意味するので・・・DHLが通販会社向けに提供している運送プランということですね。Expressよりは遅そうなイメージがあります。

jp_int_shipping_ja
eCommerceのサービス概要を見ると、こうなっていました。荷物のステータスを見ると「GM Packet Plus Standard」という記載が見つかったので、どうやら中央のプランで運ばれているようです。主要な貿易レーンで5~10日。うん「早めの船便」って感じ。

20170902104420
VR Lensから発送メールが来たのは9月1日ですが、荷物ステータスでは29日から動いていました。
「Departed」というのは直訳すると「故人」「死者」とかになりますが、運送ステータスで使われる場合は「~~での処理を終えて次のところに向かってる」と解釈するのが自然だったと思います。つまり8月30日にタイ現地での処理を終えてどこかへ輸送中のはずですが、9月2日現在ステータスに変化なし。航空便だともう到着してるはずですから、やっぱり船便ですね。

そして9月7日、届かないまま配達ステータスだけが配達完了になりました。完了になっても届いてねーよってことで8日はDHLとかに問い合わせ投げたりして――それは別記事参照――、まぁ行方不明になった説が濃厚だったのですが、9月9日に郵便局が持ってきました。

コメント

  1. 匿名 より:

    deliver by〜 だと配達するとも訳せますが、発送するという訳し方もできます。
    つまり到着日ではなく、配送開始日を示している可能性もあります。
    その場合は8/31発送〜ですね。

コメントを残す