【ドラクエ10】珍宝用語集

これってどういう意味? という用語が増えていってる気がしたので、まとめました。
気が向いたら更新していこうと思います。追加して欲しいものがあれば、ご要望頂ければたぶん追加できます。

目次

2ch系
十字珍宝
十一字珍宝
栄光民
珍宝民
信者スレ
金玉民
金玉蛙
田村

ゲーム運営陣
牡蠣豚
CHIKARA リックレイ
ヘパ山
中村雄一郎

ゲーム関係全般
不具合
逆天井事件
みちくさ
1700民
17
ちゃぷちゃぷ
僕の夢
スパムメール
禁書
馬糞ドルボード
広場BAN
刑務所

2ch系のうち人物に関わるもの
広島君
ガガ(Up!)
キャラデリ
ととろん
ホームラン
リリスさんのフレ
テラオ
ササクッテロ
図書館(机さん)(廃プレイヤー)
アッチキ
黄緑
グラフガイジ
石田光央(New!)

十字珍宝

斎藤力ディレクターの過去作クロストレジャーズを、Google日本語翻訳に投入した結果生まれた名前。転じて「ドラクエ10」の蔑称となる。

ドラクエ10のアイテム名やシステムなどのうち、斎藤力プランナー(当時)が関与した部分の多くがクロストレジャーズと類似していることは以前からそれなりに認知されていた。しかし類似していること自体は、同じ人間が作ったのだから当たり前だろうということで、特段の問題になることはない。
が、クソゲー化が進み「りっきー神!」の前提が崩れ去り、私が改めて「類似している」ことの火種を撒いたところ、ちょうど中国版進出のニュースが飛び込み炎上。
更には斉藤洋介プロデューサーが作っていたクロスゲート――中国でのみ成功――が、名前で売れるというだけの理由で「ドラクエの名前を付けたい」とP本人が言っていたこともあり、「クロストレジャーズにドラクエの名前をつけただけではないか」と延焼。無事、十字珍宝の名が定着する。その後は2ch本スレの名称も「十字珍宝」となる。

十一字珍宝

ドラクエ11のこと。

ドラクエ11が事前情報を出せば出すほど、十字珍宝(=ドラクエ10)と共通の部分が多く、その呼び名がつけられる。稀に「十一字珍宝オフライン」と呼ばれることもある。また、かつては「十字珍宝2」「クロトレ3」など別の呼び方もあったが、現在ではほとんど見かけない。

栄光民

2chのFF・ドラクエ板、現在はDQO板にある2ch本スレの住民のこと。
正式名は「栄光の本スレ民」。合わせて、本スレのことは栄光スレと形容される。

総資産xx万。職人時給xx万。アクセ理論値。元気玉時給xx万経験値。などなど、盛りに盛った自己PRがいつしか「栄光盛り」と呼ばれ、住民は「栄光の本スレ民」と呼ばれるようになった。なぜ栄光なのか、その起源は不明。ちなみに当時実際にアクセ理論値を作ることができていたのはバトチョでも私を含めて205人、竜玉に至っては10人と運営により公表されたため、本当に嘘をついて盛っていたことが証明されている。

「栄光の本スレ民」が「栄光民」へと略されるのは、初期からしばしば見られていたことだが、略称を決定付けたのは青山テクニカルディレクターの発言が発端。
2014年12月のよーすぴサンタ放送で、青山TDは「インターネットの掲示板に栄光の民と呼ばれる方が~」と言いながら”栄光”というラベルが張られた日本酒を持参。これによって「栄光民」という呼び方が定着した。

なお、今現在では、栄光民とは信者スレ民を示す。信者スレについては後述。

珍宝民

前述の「十字珍宝」が生まれてから、2ch本スレが「十字珍宝」になることで、住民の名称も珍宝民となった。
ここで勘違いが生じやすいために明記しておくが、本スレは珍宝スレであり、現在存在する本スレのようなスレッドは、後述する信者スレである。
住民によっては「向こうを本スレとしておいた方が荒れずに平和に過ごせるから」という理由で、信者スレに本スレを名乗らせることを容認している場合もあるが、正当なる本スレは、珍宝スレである。

元々は、クソゲー化してしまったドラクエ10を、懐かしみながらそっと看取るような人々で構成されていた。
しかしながら、いつまでも付き合っていられないと去る人もいれば、これがチャンスとばかりにドラクエ10以外のゲーム――主にFF14――の宣伝をしに来る人も多く、最近ではFF14を筆頭した別ゲームのプレイヤーの比率が高まりつつある。バージョン1.0の頃からプレイしていた人は、もはや20%もいないのではないだろうか。

信者スレ

現時点での2ch本スレを自称するスレのこと。

前述の「十字珍宝」が生まれてからしばらくの間、本スレは「十字珍宝」であり続けた。
その後、我慢できなくなった信者が別に「ドラゴンクエストX」スレを設立する。その際「十字珍宝」で進めたいたスレ番をそのままコピーしたため、立場上、該当スレは分家となり、珍宝スレが本家となる。信者スレが本家を名乗るのであれば、十字珍宝であった時のスレ番を引き継いではいけない。

金玉民

元FF14プレイヤーのうち、FF14のゲーム内容が気に食わず、P&Dの吉田直樹氏へ憎しみを抱きながらなぜか同じスクエニのドラクエ10へ移住した住民のこと。

住民の多くは吉田直樹氏を独裁者と捉えており、FF14の世界を、独裁者が統治する国ということで北朝鮮に擬え、そこから脱出した民として「脱北民」を自称する。が、何度も言うが同じスクエニなので、北朝鮮で言えば平壌市から羅先市へ引っ越しただけであり、同じ国内にいることに疑いの余地はない。しかもドラクエ10の開発には吉田直樹氏も強く関わっている。そのため「脱北」が正しい例え方とは判断できず、金玉民が適切と思われる。

また、FF14はギスギス、ドラクエ10はあったけぇと連呼するものの、ドラクエ10に来てもチーム内で晒し合い詐欺で永BAN女性プレイヤー一覧を作ってストーカー白チャを無視された程度でギスギスと発狂、挙句の果てには吉田直樹氏を含めFF14スタッフらへガチっぽい感じに「お前らを殺して俺も死ぬ」と言い放つなど、多くの問題行動を起こして齊藤陽介氏から注意までされている。
これらの行動により、FF14でギスギスしていたのは、FF14のゲーム設計も然ることながら、そもそもは自分達の人格に問題があるのではないかと疑われている。なお、本人達は「吉田直樹氏により人格を歪められた」と責任転嫁している傾向がある。吉田直樹氏がマインドコントロールをしている事実は存在しないため、この主張に正当性は認められない。

また、大竜玉実装から1年以上経過しているのにカジノへのガイアカード実装で喜ぶ、ミネアのうまのふんカードで喜ぶ、2chへ下手糞として晒されてしまう、謎の手書きノートを作るなど、普通程度以上のプレイヤーならばあまり見られない行動も発生しており、ゲーム自体が下手、ステータスとしても弱い人が多いのではないかとまで推察されている。
これにより、FF14でギスギスした理由の一つとして「固定PTの足を引っ張っていたのが金玉民ではないか」とまでウワサされている。なお、大切なことなので明確に書いておくが、ゲームが下手だったり、ステータスが低かったりすることは、悪いことではない。ゲームが下手だからといって、下手な人に暴言を飛ばしたりすれば、それは暴言を吐いた方が悪である。

上記2点から、ネットゲームに群がる害虫のような認識を受けていることが多く、ドラクエ10、PSO2などの国内ネットゲーム界隈からは総じて嫌われている住民となってしまっている。

なお、私がレンダーヒルズ11丁目の土地を購入したことで、金玉民からは土地を横取りしたキチガイとして認定されている。
周知の通り、ドラクエ10に土地横取り機能は存在しない。あえて言うなら、転売や譲渡、キャラ整理などで一時的に手放したところを狙って横取りならば、しようと思えばできる。規約違反ではないがモラル違反だろう。しかし引っ越し自体が禁止されているレンダーヒルズではそれすらも無理である。レンダーヒルズ11丁目2番地は、実装日から私が所有する土地であり、運営による念入りな資金調査でも問題なしと判断されている。もし仮に、資金に汚金が混じっていて土地没収があったとしても、購入手続き自体は正当な手段であることに変わりはない。
購入時、看板の前に棒立ちのキャラはいた。当たり前だが、看板の前に立っても土地の占有権は発生しない。これを横取りキチガイと騒ぐのは逆恨みもいいところであり、こんな奴はどんなオンラインゲームをやってもギスギスするだろうと、私自身も感じる。

金玉蛙

前述の”金玉民”が吉田直樹氏へ付けた蔑称。2chのスレタイへ常に「金玉蛙」と入れているのが特徴的。ただし、吉田直樹氏のことはNaokiと呼ぶことが多く、金玉蛙の蔑称はスレタイ以外ではあまり使われない。
該当スレの住民は、いわば「金玉蛙のスレ住民」である。ここからも、やはり脱北民ではなく金玉民の呼称が適切であろうと判断できる。

尚、吉田直樹氏は、ドラクエ10の初期開発メンバーでもある。
バージョン1.0よりも前の初期開発時代に、チーフプランナー、及び、1stディレクター藤澤仁氏不在時の臨時ディレクターを務める。藤澤仁氏が復帰した時に大幅な作り直しがあったとは言え、ドラクエ10の基礎は彼が作ったと言っても過言ではなく、彼を憎む金玉民がなぜドラクエ10を信仰対象とするのかには疑問が尽きない。

金玉蛙の語源については諸説ある。
初期のうちは「顔にほうれい線が多い」「蛙みたいな顔」「猫背が蛙みたい」という部分から金玉蛙と呼ぶようになったと、金玉民自らが説明していた。しかし「生まれ持った容姿を貶すのはキチガイの所作では」と思い直した結果、ゲーム内の蛙キャラに顔が似ている、陰湿でジメジメした正確だから蛙だ、「金策しなくてもたまって家がかえる」という発言を捩ったなど別の理由を後からこじつけ、現在ではそちらが主流ということになっている。
金がたまって~という発言については、2014年9月に吉田直樹氏が言ったことになっているが、”金玉蛙”が生まれた時期はもう少しズレている。また発言内容を確認したところ「僕は金策してないけど200万ギルくらい溜まってます」という発言だったので、それだけでは”蛙”がついた説明にならない。

田村

前述の金玉民が生み出した概念的存在。

元ネタとなった人物がいるらしいが、現在では金玉民にとって気に食わない人物が全て田村になっているようである。例として、私も田村らしい。IP透視によるとケータイは東京のドコモ。またインターネット越しに脇が臭うらしい。

牡蠣豚

ドラクエ10のプロデューサー、齊藤陽介氏の蔑称。
愛称としてはよーすぴ。蔑称としては豚、詐欺豚、詐欺師、リアリティなどがある。また愛称なのか蔑称なのかよく分からない呼び方として、有能ニーアおじさん、ドラクエのお父さんなどの存在も認められている。

牡蠣について
特筆すべきは、この蔑称であろう。ただの食べ物である。
これについては、職人チート問題が発生し、初期対応の遅さに2hが炎上していた最中、齊藤陽介氏が牡蠣うめぇと写真をアップしたことが発端。
牡蠣食ってる場合じゃないだろと総ツッコミがあり、彼の太ましい体型と合わせて一気に「牡蠣豚」として定着した。蔑称が生まれてから定着するまでここまで素早い例はあまりなく、牡蠣のインパクトがそれだけ大きかったことが窺える。

詐欺について
また”詐欺”についても、非常に激しい呼び方である。なぜなら、詐欺は犯罪だからである。
これについては、彼がドラクエ10を宣伝する時(特に3rdパッケージ)に、散々凄い凄いと煽り散らし、いざ発売してみると中身スカスカで、詐欺まがいであることが多いのが原因である。
有名な発言に、2%発言がある。3rdパッケージの発売前情報について、事前に公開した情報は全体の2%程度であると言いつつ、発売したパッケージ内容は、未発表部分が2%くらいなほどにスカスカだったものである。
なお、2%発言について消費者センターへ判断を伺ったところ、「オンラインゲームでは、将来的なアップデートによってコンテンツが拡充されるので、誇大広告であるとは言い切れない。しかし買い切り型のパッケージソフトであれば、誇大広告にならないとは言い切れない」となっている。まさに、詐欺”まがい”であろう。またこれは、あくまでも消費者センターの職員の判断であり、司法判断ではないことに注意が必要。

CHIKARA リックレイ

ドラクエ10 2nd 3rdディレクター、齋藤力氏の蔑称。おそらく4thも彼がディレクターを務める。
なお、本人は自分の名前を「りっきー」だと思いこんでいる可能性がある(※)が、「ちから」が正しい読み方である。
愛称はりっきー。蔑称はリキカス、無能ゴミクズ、ロリコン、骨、ガイジなど。

※:イベントなどで自己紹介する時でも、彼は自分をりっきーと言う。他のスタッフ、例えば齊藤陽介氏は最初は「齊藤陽介です」と自己紹介した後で、出演者からよーすぴと呼ばれる。CHIKARAだけは最初から自分を「りっきー」と呼ぶ。

CHIKARAについて
特筆すべきは、この蔑称であろう。ただの名前である。Chikaraと記載する者もいるが、CHIKARAが正しい。
これについては主に金玉民界隈により「Naokiの呼び方のパクり」と誤認されることが目立っているが、事実は全く異なる。

2017010923282520170109232825(1)
九龍妖魔學園紀のオープニングムービーより。
他のスタッフがフルネームで記載される中、一人だけPlanner CHIKARAとなっていることがわかる。他のスタッフに合わせるならPlanner CHIKARA SAITOのはずである。
また九龍妖魔學園紀のスタッフの個人ブログでは、彼を九龍風に呼ぶならCHIKARAとも記載されており、りっきーになる前の彼はCHIKARAだった説が濃厚となっている。
九龍妖魔學園紀が発売した当時は、新生FF14はおろか、旧FF14すら発売していない。Naokiのパクりはありえない。

リックレイについて
彼が筆記体で書いたサインが「Ricley」に見えると話題になり、リックレイという呼び方が生まれる。
ただし、どちらかと言えば言いがかりに近いと思われる。明らかに”k”になっているサインも存在することが確認されている。

ヘパ山

ドラクエ10 テクニカルディレクター青山公士氏の蔑称。
愛称は特になく、青山さ~んと呼ばれる。蔑称はヘパ山、ガバ山、ヘパイトスの青山など。

技術職という裏方のため、あまり表立って活動することはなく、同時に責任を担う立場でもないために批判の対象になることもない。しかしチート騒動の時には、その不具合のガバガバっぷりから無能の烙印を押され、ガバガバ、ヘパイトスなどに因む蔑称をつけられてしまった。
なお、チート騒動の謝罪会見ではディレクターが出ずに彼が連れて来られ、隣でプロデューサーが腕組みしてぶん反り返る中、彼だけが丁寧に謝罪をした。ここから、ドラクエ10開発唯一の良心とも思われている。

ドラクエ10内にはプライベートキャラが存在し、運営内で唯一、プライベートでのプレイに関するツイートをしている。
またチームも、開発とは無関係の一般プレイヤーチームに加入しており、時には運営批判のチームチャットも目にするものの、黙って眺めているという。

中村雄一郎

ドラクエ10 公式番組DQXTVのMC。椿姫彩菜とも。女性に見えるがDNAは男性である。
愛称はない。蔑称はオカマ。自分で設定した蔑称(ニックネーム)に、バッコスがある。

かつてオカマタレントとしてブレイクした男優。テレビ業界で引っ張りだこになるも、男性ネタが嫌らしく、女優として扱って貰うことを強く要求。それなら天然の女性タレントを使えばいいというのは当然な話であり、結果、全国放送から干されてしまう。全国放送から干されたことにトラウマを持っているようで、彼がローカル放送を宣伝した時、見たいけどローカル放送だから見れないという人に対し、ローカル批判はここでするものかとトンチンカンな反論をする。見たい番組があるけどローカル放送だから見ることができないと嘆くことが、ローカル批判になるわけがないというのは、中学生くらいならば分かるだろう。

他にも在学時代には、性適合手術を受ける前から女性トイレを使用して女学生を怯えさせるなど、性犯罪一歩手前としか思えないエピソードがある。こういった活動から、彼はLGBT(性的少数派)でありながら、LGBTへの社会的理解を深めさせまいと活動しているのではないかと思われる。LGBTにしろ障害者にしろ、いや、多数派少数派関係なく、人と人との関係では互いに歩み寄ることが大切であり、「俺様は守られるべき少数派様だぞ」と一方的に調子に乗っていては、歩み寄ってくれる人もくれなくなることは当たり前であろう。

不具合

社会一般的に、プログラムの「不具合」とは、通常意図していたものと違う挙動を示す。
しかし珍宝用語としての不具合では、齋藤力氏が不具合であると認めたものが不具合となるという特性を持つ。DQXTVにおいて、齋藤力氏本人が直々に、逆ギレしながらそう語った。不具合だと認めなければ仕様だったり、怪奇現象だったりするらしい。

これによって、運営から「不具合である」と発表されるまでは不具合ではなく仕様であるという大義名分が生まれてしまい、問題発生時に「告知前なら仕様だ、乗り込め~」という人々を増やす一因となっている。
社会一般的な常識では、不具合とは、ゲームキャラクターのステータス的に得となるか損となるかは無関係に修正されるべきであり、意図的に利用すれば処罰対象となる。利用規約においてもそう定められている。しかし実運用では、ゲームキャラクターのステータス的に損となる不具合については修正すらせず放置も多く、得をする不具合については即座に修正、場合によってはアカウント停止の処罰が下る。

逆天井事件

カジノのポーカーが、島(テンションやレイドを共有すいる8人で1島)のプレイヤー全体で一定以上損をすると救済としてレイドが発生する、という仕様であることが発覚。意図的にメダルを吸い込ませまくり、金箱を開けることで高報酬のレイドを当てて稼ぐことが可能になった事件のこと。
天井の逆ということで、逆天井という呼び方が定着する。ただしパチスロ的には、こういったものは「吸い込み天井」と表現されるようである。吸い込み天井という名前にならなかったあたりからも、ドラクエ10のプレイヤー層の初々しさが察し取れる。

この事件では初期対応が遅れたどころか、CHIKARAが「状況としては開発内でも認識しております」とだけ言って、やっていいのか悪いのか明言されないまま三連休へ突入してしまう。
「回線抜きや外部ツールなどは用いておらず、あくまでも試行錯誤で仕様を突き止めただけだから規約違反ではない。」「ゲームバランスを崩す行為になるため規約違反だ」と多くの議論が行われるが、共通して「そのうち修正される」という認識があり、のりこめー派によりカジノは大混雑。
また高報酬のレイドはレア箱から出るため、ショボい赤箱は捨てるために一度離席をする必要があり、離席した瞬間を狙って他の人が席に座るという横取り的行為も蔓延。逆天井による稼ぎ反対派による潰し行為としても有用だった。

連休明け、

開発・運営が意図しない挙動(不具合)を不正に利用していたものではなく、
回線切断や外部ツールを使用するなどの不正行為をしていたわけでもない

という馬鹿みたいな理由によってやったモン勝ちが確定。修正までに更に乗り込みを過激化させる。
またこれにより、回線切断や外部ツールを使わない行為であれば、ゲームバランスを壊す行為であっても処罰なしという判断がされる。問題発生時に「回線切断や外部ツール使ってない! 乗り込め~」という人々を増やす一因となる。

みちくさ

BOTのこと。

ドラクエ10運営はBOTに甘く、自警団によってBOT使用シーンを撮影されても決して処罰されない。どうやら個人BOTは見逃す方針で、RMTに関わっていなければいいようだ。そんな中、スクウェアエニックス書籍部がみちくさ冒険ガイドの記事作成のためにBOTを使っており、それを自警団によって暴かれる。ここから、みちくさBOTと呼ばれるようになった。
開発公認の調査なのだから検証環境でやればいいだけなのだが、なぜ一般サーバーでBOTなのか不思議である。

1700民

状態異常成功率が10%増える装備、クロスペンデュラム。これを装備し、格下の敵を戦闘から離脱させる技「みのがす」をすると、どんな敵でも10%程度の確率で見逃すことができてしまうという不具合が発生。この不具合を利用したとして処罰されたプレイヤー数が1700人と発表され、1700民と呼ばれる。また特に悪質な600民も内包する。

初期対応が遅れ、ゲーム内告知すらナカナカ出さず、これまで散々撒いてきた「やったモン勝ち」の風潮を築き上げてたという種が芽吹き、多くのプレイヤーがボスへ使用してしまう。更には大手の攻略サイト管理人なども、デマではなく事実なのか試してみるなどし、被害拡大を招いてしまった。

なお、処罰はゲーム内での禁止告知前も含めて対象となった。
不具合だと認めなければ不具合ではないと言い張るのに、不具合だと認める前の行為を不具合の不正行為だという、運営の自分勝手さ。
「利用したけど処罰されなかった」「自分自身は利用してないけど、誰かが利用してくれないかと期待して回しまくったら処罰された、されなかった」など、判断基準の曖昧さ。
そして1700というマジックナンバー(後述)により、この処罰は見せしめであり正当性がないという意見が多数存在する。

17

ドラクエ10運営が愛用するマジックナンバーな数字。

前述の1700民
処罰基準が曖昧で、見せしめとしてテキトーに「これくらいでいいかな」とデタラメに選ばれた可能性が高い。数字。

同時接続17万人
齊藤陽介氏が「お酒に酔った勢いで言っちゃったデタラメな数字」という設定を貫いている、謎の人数。公式的には一切発表がない。

竜王ソロ討伐者数34人(17×2)
ドン!34人! と発表。すぐさま「無理だ」という意見が多数発生し、再調査をしたところ、普通に0人だったという、完全にデタラメな数字。

累計ユーザー数170万人
齊藤陽介氏が「公式発表はできないけどだいたいこれくらい」という設定を貫いている、中国で発表した日本の累計ユーザー数。

ドラクエ10運営が出す数字のうち、信憑性に欠けるものには高い確率で17がついており、齊藤陽介氏がぱっと思い浮かべるとつい出てしまうクセのような数字なのではないかと推察されている。

ちゃぷちゃぷ

アスフェルド学園NPC、ラピスのセリフの一つ。
4話クリア後のボーナスイベントを見ると、海を気に入ったことを表現するセリフとして、彼女は「ちゃぷちゃぷ」しか言わなくなる。
またアスフェルド学園は4話実装後、5話実装までの期間が長く、セリフ更新の機会が失われ、多くのプレイヤーのラピスが「ちゃぷちゃぷ」しか言わないまま放置されたことも、イメージを強める一因となる。

水遊びで「ちゃぷちゃぷ」というのは、海というよりは池サイズのイメージがあるが、その程度のことは些細な問題である。ラピスの年齢設定が高校一年生であることが、一番の問題であろう。
幼稚園程度の年齢設定なら水遊びが大好きということを表現するのに「ちゃぷちゃぷ」は分かる。だが高校一年生はおかしい。そしてラピスのセリフは齋藤力氏が強いこだわりを持って設定したものであるため、齋藤力氏にとっては高校一年生は幼稚園児並みの知能という認識があるのであろう。そして齋藤力氏、バトエン世代を自称しているのである。バトエンは1994年頃に小学生の間で流行した遊びであり、当時の齋藤力氏は20歳を超えている。高校一年生で幼稚園児並みのちゃぷちゃぷ、20歳で小学生並みのバトエン。強烈な発達障害である可能性が強く浮上してしまうのは当然であり、絶望をプレイヤーへ叩きつける結果となる。

僕の夢

アスフェルド学園のこと。ここでの「僕」とは、齋藤力氏を示す。

アスフェルド学園をなぜ作ろうとしたのか、という問いに対する返答が「僕の夢」である。
学園でバトエンをすることもまた、彼の夢である。

スパムメール

アスフェルド学園から届く手紙のこと。

イベント開催時、イベントを知らせる手紙が届く。というのはバージョン1.0当初から存在するシステムであり、アスフェルド学園の第一回スプリングナイトフェス開催時にも同じように使われた。が、なぜかバグり、何通でも無限に届くようになった。
問題発生確認後、初期対応としては手紙送付を停止すればいいのだが、なぜか止めずに送り続けた。その後修正ができず、第一回スプリングナイトフェス開催告知の手紙を送ること自体を廃止するという謎の対応を図る。また無限に届いた手紙については「自分で捨てろ」とプレイヤー任せになっている。運営の不手際の尻ぬぐいを、なぜプレイヤーにやらせるのか理解し難い。

禁書

この本のこと。
齋藤力氏のインタビューが載っており、その内容があまりにも絶望的で、ファンブックなのにファン――というか信者――の間ではタブーとなってしまった本。ドラクエが好きな人ほどキレる内容になっている。当サイトによるレビュー記事はこちらをどうぞ。

馬糞ドルボード

CuEIyEWVUAABBKD
このドルボードのこと。画像はググって出てきたものを勝手に使わせてもらいました。

大型アップデートバージョン3.4にて、なぜか「うまのふん」がドルボードカスタム屋に反応しセット可能になり、乗るとこのドルボードが登場する。
見ての通り、通常の不具合とは明らかに違う性質がある。開発内でのテスト用ドルボードにしては、このような絵を張る必要性が感じ取れず「わざわざ作った」という可能性が高いこと。設定された先が偶然か必然か「うまのふん」であること。ただの不具合にしてはしっかりと乗ることもでき、ゲーム内にちゃんと実装されていること。
また詳しく語られることなく「不具合」として修正され、意図的に入手したプレイヤーへの処罰すらもなかったことから、なかったことにしてほしいという運営の気持ちが察し取れる。これらの要素が複合的に重なり合い、開発スタッフの内乱かイタズラではないかと推察されている。

20170111001015
2chには以前より、齊藤陽介氏のダブルピースAAが存在している。
このドルボードのダブルピースはこのAAから来たのでは、とまで予想されている。

もし内乱説が事実であれば、最低でも、3Dモデルを作成したスタッフと、ゲーム内に実装したプログラマーのスタッフの2人以上が関わる必要があり、組織的な内乱であることが確定する。十字珍宝化が激しくクソゲークソゲーと言われる中、空き時間ができるとディレクターがやってきて「手が空いたな、学園クエスト作れ」と命令してくる開発現場での、必死の抵抗だったのだろうか。

広場BAN

開発・運営が気に入らない相手に行う処罰。プレイヤーズサイト”目覚めし冒険者の広場”の利用が全て停止される。一時停止が発生することはなく、必ず永久停止となる。

藤澤仁前ディレクターがいた頃は、広場BANは滅多なことでは行われなかった。提案広場で過激な発言があっても、それだけの怒りをプレイヤーに買わせてしまっていると藤澤仁氏は考え、丁重に、慎重に対応をしていた。更には目覚めし冒険者の広場の脆弱性を利用してイタズラ行為をしても、穴を潰すのみであった。
しかし今では、提案広場で運営に対して少しでも攻撃的な書き込みをすると広場BANとなる。私の場合、ゲーム内ドレスアップで実現できる、パンツをはいてないように見えるだけのゲーム内スクリーンショットを冒険日誌に載せたところ、広場BANとなった。

また、広場BANをガンガンやり始めた頃から、イベントの全体報酬の配布方法が「広場でお受け取り下さい」へ変更となった。これによって各プレイヤーは、各キャラで広場にログインしては受取ボタンを押さなければいけなくなり、純粋に面倒な作業が増えた。更にはPCやスマホを所有していない人、休止中の人は報酬受取不可能となった。明らかな改悪であり、なぜわざわざそのような手段に変えたのか理由を考えれば、広場BANプレイヤーへの嫌がらせくらいしかないであろう。時期も一致している。

なお、同社のFF14にも類似のフォーラムBANが存在する。しかしこちらはフォーラムの機能のみを停止とし、プレイヤーズサイト”ロードストーン”の利用は可能のままである。
気に入らないからとプレイヤーズサイトごと停止し、見せしめにプレイヤーズサイト上で報酬を配布し、しかしゲーム内での処罰はないという謎の処罰――というか嫌がらせ――は世界的にも類を見ず、珍宝運営の珍宝らしさを際立てる要素となっている。

なお、広場BANによってDQXショップの利用も不可能となるため、会社としての利益の機会を損失しているだけでなく、1ポイント以上を保有しているアカウントを広場BANにすることで業務上横領罪が適応される見込みが高い
DQXショップは特定商取引法による表示を出している通り、通信販売である。通信販売事業者によって消費者へ付与されるポイントとは、消費者側の資産であると法的に解釈され、その扱いについては事業者と消費者の間で取り交わされる合意=契約に則る必要がある。そして広場BANによる権利剥奪の旨は契約事項に記載されていないため、消費者の合意なく一方的に剥奪することは、横領になる。消費者がドラクエ10プレイ開始の際に合意した利用規約では「ドラゴンクエストX」のゲームサービスについては運営都合による強制解約について同意しているが、目覚めし冒険者の広場にある「DQXショップ」については契約事項が存在しない。

またDQXショップのフリーパスアイテムについても、広場BANによる権利剥奪の旨は契約事項に記載されていない。ただしゲーム内アイテムは「ドラゴンクエストX」の利用規約側で、あくまでもゲームデータを貸し出しているだけであり、消費者側に所有権はないとなっている。が、フリーパスを何度でも入手できる権利は別であると思われる。

なお、これらDQXショップの法的な扱いについては私もスクエニに事細かく確認している。
インフォメーションセンター楠本岡田らから貰った、スクエニとしての回答は、以下のようになっている。

(契約事項に書かれていないことについて、2016年1月27日18時52分頃)
すべての事象について予めご案内や回答が行えるものではなく、
状況や必要に応じてご案内を差し上げる内容もございます。

(フリーパスアイテムの再入手権利の剥奪に関する事前告知がないについて、2016年1月25日18時42分頃)
『フリーパスアイテム』についても、ご購入後に『ドラゴンクエストX ショップ』の専用ページから、
再入手が可能であると記載しており、ご購入時においても、『フリーパスアイテム』の利用には、
「目覚めし冒険者の広場」の機能を使用することを表示しております。

上記の見解から、弊社では事前に告知しているものと認識しております

カッコ内以外の内容は全て、インフォメーションセンター楠本と岡田から貰ったメール内容をそのまま転記しているため、もし事実を確認したいのであれば楠本と岡田に聞くと良い。ちなみに前者が楠本、後者が岡田の回答である。

以上の回答から、スクエニとしての見解は、次のようになる。

・契約事項の詳細は事前に案内する必要がなく、後から追加説明しても消費者の同意なく契約事項になる。
言い換えれば、後から自分達の都合の良い契約事項を書き足しても、消費者側からの同意を得ずに有効だと言い張るわけである。そんなもの、法律行為としての契約ではないことは、誰の目にも明らかだろう。

・フリーパスアイテムはDQXショップの専用ページから再入手可能と案内したから、事前告知の義務は果たしている。
・フリーパスアイテムの利用には「目覚めし冒険者の広場」の機能を使用する
まず前者だが、フリーパスアイテムの再取得は、専用ページ以外からの申請は受け付けないとは記載されておらず、あくまでもオーダー方法の一つとして専用ページがあると解釈するのが一般的である。特に、サポートスタッフへの問い合わせによる手作業オーダーは、様々な通信販売サービスでも行われているため、サポートスタッフが対応しないというのは明確に記載しなければ分からないことであろう。またおそらくは、広場BANになっていない消費者がサポートへ問い合わせた場合は、サポートスタッフ側で対応できると思われる。
また後者だが、これはである。フリーパスアイテムの利用と書いてあるからだ。再取得ではなく利用である。利用とはゲーム内での装備だろう。広場の機能が停止されても利用はできる。そしてそんなことは購入時に記載されていない

以上より、おそらく、広場BANを受けた者は、法的に動けば勝てる可能性が高い事案だと思われる。
しかし日本では法的に動くとリアルで大変面倒くさいので、私自身は動くつもりはない。随分前に私がスクエニとの戦いと称してやりとりをしていた時も、あくまでもスクエニとしてはどう解釈しているのかを聞きたかっただけなので、前述の引用部の返答を得た時点で「なるほどそういう解釈なんだな」ということで決着がついている。解釈の仕方について争うつもりは、ない。

刑務所

アスフェルド学園のこと。

初出は提案広場の提案

規約違反者は
学園にぶちこんではいかがでしょうか?
半年くらい出てこれないようにw

http://hiroba.dqx.jp/sc/forum/prethread/373523/

「そう思う」の方が多数派であったが、数時間程度で運営により消去され、なかったことになる。
その後、5話クリア後からできるようになる部活動(職人作業)について、刑務所での作業のようだという指摘が発生。的を射た表現であると人気を呼び、刑務所という呼び方が定着し始める。

広島君

DQO板の120秒制限の原因となった人物。
既にいなくなった人物のため詳細は控えるが、自分が気に入らないスレを連投ツールで潰したりしていた、いわゆる自治厨。
FF・ドラクエ板にいた”したらば君”に通ずるものがあるが、同一人物かは不明。

※ちなみに”したらば君”とは、FF・ドラクエ板で、ドラクエ10関係のスレにひたすら「本スレ以外はしたらばに立てろ」的なことを書き込み続けた人物。ドラクエ10関連スレは数が多く、ドラクエ10が出る前のFF・ドラクエ板の住民から見たらいい迷惑だったので、ある意味、彼もまた被害者かも知れない。

ガガ

本スレに永住している人物。基本的にあらゆる住民からNG登録され、いないものとして認識されている。
相手をしてくれるキャラデリ(後述)のことが好きな様子。また、職業としては魔法使いが好きらしい。まれに大聖魔というコテを付ける。
彼が使う端末は、主にワッチョイとブーイモ。本スレの>>1には必ず彼の一週間のワッチョイがまとめられ、無視を推奨されている。2ch運営へ、彼を荒らしとして焼くように依頼している人がいるようだが、時々相手をする人がいるために、あまりうまくいっていないようだ(相手をすると、2ch運営は会話が成立しているため荒らしではないと判断するらしい)。通常のワッチョイの他、「ワッチョイ xx99-xxxxもガガではないか」という憶測が発生しているが、証拠はない。

キャラデリ

本スレにいる、いわゆるクソコテの1人。最近はXboxOneSを購入してForzaを遊んでいると思われていたが、XboxOneSを買うのはやめてGTX1070にし、PC版Forzaだったらしい。ドラクエ10は休止を宣言していたが復帰済み。実は大規模チームのリーダーをしているようだ。
書き込み数が多く迷惑がられ、またガガの相手をよくしているために、互いに書き込みまくってスレが荒れる。

ととろん

本スレにいる、いわゆるクソコテの1人。うっかりミスではなく率先して自ら素顔を晒しており、同時に住所も(うっかりミスで)晒している。しかしリアル凸などの炎上騒動にはなっていないあたり、ドラクエ10プレイヤーに大人しい人が多いことを物語っている。
N高生の遠足に付きまとい「女子高生はいいね!下さい!」と言った結果、アカウントを一時停止される。
この程度でアカウント停止を受けるのは彼が初であり、N高が神の庇護を受けていることを明確にした功績と言える。

最近、Re:ゼロから始める異世界生活のアニメを見てハマったようで、リゼロより面白いアニメあるんか?と本スレに書き込む続けている。9割程度は無視されている。

なお、私は一時的フレであったが、一緒に邪神オートマに行くと野良メンツに対する暴言が激しく、一緒に遊んでいて楽しくない人物だったため、フレ関係は解消させて貰った。

ホームラン

本スレにいる、いわゆるクソコテの1人。
特筆すべきことがない、ただのコテ。無害。

リリスさんのフレ

本スレに

(´・ω・`)ここだけの話、わいはリリスさんとフレやで。

と何度も書き込み続けている人物。コテもなく害もないが、意味もないらしい。
「ここまで読んだ栞」として書き込んでいるのではないかともウワサされるが、本人はそれを否定。

テラオ

本スレによくいる住民。コテはない。
エルフ♀に対する誹謗中傷を年中無休で繰り返していたが、自ら公開したSSを元にフレに調査されてキャラバレする。
一時は引退を表明するものの、開き直って復活する。その後もう一度引退を表明するものの、やはり開き直って復活する。なぜかホモネタが多い。

ササクッテロ

本スレが立つと現れ、テンプレ的にコピペを張って去っていく謎の人物。
他の活動は認められず、またテンプレ張りが手作業であることも見て取れ、テンプレを貼るためだけに常駐していると思われる。
最近はテンプレ数が減ってきている。

図書館(机さん)(廃プレイヤー)

いわゆるクソコテの一人。当初は結晶おじを自称し、以後に図書館へとコテを変える。最近は本スレにいることは滅多になく、DQO板ではチート疑惑スレなどに姿を現す。
誰がどう見ても「DQ10廃プレイヤー」というブログの管理人と同一人物だが、本人は否定している。
またアニメサロン板の「新番組を評価するスレ」にいる机さんというクソコテとも同一人物。これについては当初は否定していたが、コテの付け間違いによって認めざるを得なくなり、渋々認めることになる。

結晶おじ時代
「結晶を買っておけ、値上がるぞ」という誰でもわかるレベルの予想を立て、なぜかコテ化する。結晶はアプデ時にいつも値上がるので、実際に買い占めていた人は迷惑がっていたようだ(乗り込む人が増えれば増えるほど、上がり幅が減りやすい)。
その後、結晶の値上がりを言い当てたことで気を良くし、「自分はドラクエトッププレイヤーである」ということを吹聴しまくるようになる。またそのトッププレイヤーを証明したがるものの、証明できたことはない。
例:キラークリムゾンやレグナードは初日に撃破できず。またダークキングは朝から必死に戦い続けて、結局2chで情報を得て戦戦道道のアイテムぶっぱPTでようやく勝った(勝ったということも、あくまでも自称である)など。上位層ではあるがトップではないと思われる。

図書館おじへ変化
妖精図書館クエストがとても気に入ったらしく、コテを図書館へ変更。コテ変更に、それ以外の理由は無いようだ。

廃プレイヤー同一人物説について
自称する属性「大学を主席で卒業」「内職をしているからニートではない」「年収100万を超えたことはない」などが一致。
またTwitterを「ツッター」、億を「憶」、言うを「ゆう」など、普通の人は使うことがない変わった言い方やミス変換をしまくる部分なども一致。そもそも口調が一致。状況証拠的に誰がどう見ても同一人物なのだが、本人は否定している。

Wii版サービス終了で知名度アップ
Wii版のサービス終了が発表されたことでブログが荒れる。別人のはずの2chコテも荒れる。
年収100万を超えたことがなく、内職の稼ぎのみで生きている彼にとっては、Wiiから別ハードへの乗り換えに懸かる費用とは文字通り「命を掛けて食費を削る」ことでしか捻出できないという。そのあまりの底辺っぷりに様々なアフィブログが面白がって取り上げて知名度アップ。ここで広告を付けていたら、おそらくはSwitchを買うお金を稼ぐことは余裕でできたと思われる。

アッチキ

この用語について説明する前に、事前に断っておくことが一点ある。この用語は、とある個人に対する蔑称となっている。
当サイトはゲーム開発陣への批判こそすれど、個人に対する誹謗中傷はしたくない。この記事では用語集として、あくまでも中立的に事実のみを記載したいと思う。またこの個人は、様々な逸話が多く、全てを書くには用語集としては余分な情報が多くなるので、必要な情報のみを厳選して記載する。

アッチキとは、悪い意味で有名なドラクエ10プレイヤーの発言である。転じて、その人物を呼び示す言葉となる。例として、アッチキおじさんなど。この「アッチキ」とは、彼が演劇にて、

というオーダーを受けて演じた姿を映した動画がYoutubeにあり――現在は非公開――そのセリフが「アッチキ!アッチキ!」としか聞こえなかったことから発生した。なお、私にもアッチキとしか聞こえないので、悪意を持って無理矢理「アッチキ」と言われるようになったわけではないと思われる。
上記引用分のTwitterの発言者こそが彼本人であり、この説明は彼が「アッチキ!アッチキ!」と煽られたことから、「それは”アッチキ”ではなく”あっち行け”だ」と説明するために発言したものである。

演劇者が演じる姿というのは、別にどこにでもあることだが、なぜそれが2chで有名になるのか。これについては、彼がドラクエ10内で悪評が高かったことにあるため、それについての説明を行う必要がある。
まず、彼はかつて「極限攻略データベース」に所属していた。偽物ではなく本物の極限攻略データベースである。そこで彼は次のような問題行動を起こし、おてう氏から直々に追放されることになる。

・チームメンバー(主に女性キャラ)にフレンドチャットやパーティ要請を執拗に行う
・嫌いなメンバーの悪口をフレンドに繰り返し、時に数時間に及び行う
・ツイッターで他人を不快にさせる投稿を頻繁に行う

この行為について、彼には彼の言い分があるらしく、ブログで説明をすると言っているが、現在までその説明は行われていない。そのため客観的に判断できることは、おてう氏によって説明された上記3点の内容のみであり、この部分のみからでは、この行為が「良いとは言えない」というのは事実であると思われる。

さて、こういった事件を起こしてしまう人物であったためか、極限在籍時代にもチームメンバーの多くからは嫌われやすかったようである。
本スレに「極限のガチニートレイヤ死ね」というコピペが連投されてしまい、住民からの知名度を上げていく。私が彼の名を知ったのもそのコピペを見たのが初である。そしてチーム追放後も、追放を喜んだ人物によってコピペが増強されながら連投され、更に知名度を上げていく。
なお、そういった敵対心むき出しのコピペを連投することは、いくら相手が迷惑プレイヤーであろうと連投する側の方が悪質であるため、そこは勘違いをしないことに注意が必要である。いわゆるネット私刑にしかならない。

またこの事件を見れば分かるように、どうやら女性への執着心が強い人物のようであるが、この執着心が災いして「ネカマに騙される」形で、個人情報を暴露されてしまう。彼が気に入った女性キャラへ「僕が書いた小説を読んで欲しい」と声をかけ、「大島怜也」は天才である。というブログを教えたことが、個人情報暴露の発端のようだ。というのも、その女性キャラはにちゃんねらーのネカマであり、彼とは「ウォッチ目的」でフレンド関係だったのだ。すぐさま2chへ晒されてしまい、大島怜也=レイヤという情報が結びついてしまった。
なお、そういった他人の個人情報を2chへ晒すことは、いくら相手が迷惑プレイヤーであろうと晒す側の方が悪質であるため、そこは勘違いをしないことに注意が必要である。いわゆるネット私刑にしかならない。
またこれを当サイトがまとめることも個人情報晒しへの加担になるのではないかとの危惧もあるが、彼の発言を確認したところ、現在の彼は「僕は匿名ではなく立場を明かして発言している」と言っていたため、今では公認の公開情報になっていると解釈している。もちろん、晒されてしまった当初は、公開することは認めていなかったはずなので、最初に晒した人の行為が認められるわけではない。

こういったことが多く起こることで2ch内での知名度を上げていくのだが、彼が多くの人の注目を受けるようになるのは、彼が果てしなく「ビッグマウス」であるためだと思われる。
具体的には、彼は自らを天才、年収1億貰っても足りないくらいの小説の才能――彼は”巨大な才能”と表現している――があると自称している。また多くの有名な映像・文学作品を名指してクソだと言い放ち、自らの方が素晴らしい作品を生み出せると豪語する。この際、具体的にどこが悪いと思うかなどが述べられないために、批判とは言い難い状態になってしまっている。

そんな彼に、実際に小説の才能があるのかどうか。これについては残念ながら「あまりない」と判断するしかないであろう。
彼は自分語りの上で、20代のうちに小説で賞を取って年収1億になる予定だったと語っている。しかしアラフォーの現在、受賞歴がない(最終選考などに残った経験はある)。もしも才能が、それも巨大なものがあるのであれば、年収1億はともかくとして、約20年かければ作品の1つや2つは受賞していてもおかしくない。彼の小説の才能について客観的に判断できる材料はそれだけなので、最終選考などに残ることができる以上は才能が無いとは言えないが、何らかの賞を受賞できるほどのものでもない、すなわち、「あまりない」と判断するしかないだろう。
また彼が1億でも足りないと語る年収も、現実は150万を超えたことがないと語っているのことであり、結局は全て「口先だけ」になってしまっている。

20170329201908
闇金ウシジマくんのこの話はネットで有名だと思われるが、彼の人生は借金をしていないだけでこの漫画そのものになってしまっている。
その他にも多くのポイントがあるのだが――ひらがなが多い独特の喋り方、ドラクエ10内での暴言・迷惑行為・晒し行為・1700民、小児性愛者を匂わせる発言――全てを記載することは用語集としては不要なので、省略する。この記事の目的は彼を貶すことではない。とにかく、様々な”特徴”が、彼をウォッチする人を増やしてしまったようだ。

最後に、彼の知名度を決定付けた事件がある。
まず、こういった「ビッグマウス」に騙される女性というのは少なからず存在する。一人の未成年の女性が彼の自称巨大な才能に惹かれ、コンタクトを取ったことから事件は始まる。
色々あって彼女は――親の同意なく――実家を飛び出し、彼との同棲生活を始める。アラフォーの彼にとって、未成年の彼女ができたことはとても嬉しかったようで、”彼女がいる”を拠り所に、彼をウォッチしている2chの住民を煽ったりすることで、ますますウォッチ対象として注目を浴びるようになってしまう。

同棲当初こそ、彼は「彼女のためにバイトを増やし、小説を書く」と言っていたが、残念ながら実際に行動に移ることはできず、1年半の同棲生活の後、彼女に夜逃げされてしまう。
また夜逃げされる少し前、彼女は実家に荷物整理しに行っており、会えない期間を嘆いた彼は「あとxx時間・・・あとxx時間・・・」というツイートをしていた。そして荷物整理を終えた彼女が帰ってきたことをえらく喜ぶのだが、すぐに彼は、朝からのバイトのために夜中に家を出てネカフェに前泊する必要が出てくる。
「つい先日まで会えない日が続いていたのに、また会えない」ということを悲しみ、彼は以下のツイートを行った。

そして夜逃げされた。

この夜逃げの流れがウォッチ的には面白かったようで、それまで彼のことを知らなかった人までもが知るようになる。
しかし夜逃げのショックがあまりにも大きかったのか、彼のTwitterは「うんこもれそう」を最後に停止してしまい、ドラクエ10も、彼をウォッチしている人々曰く、ログインしなくなってしまったようだ(酒場登録状態が解除されたため、一度だけログインした痕跡はあるらしい)。ネットウォッチ的に言えば、燃料がなければ観察者は飽きる。このまま風化し、ドラクエ10の歴史から忘れられた場合には、この用語集からは消さなければいけないだろう。

黄緑

有名なブロガー、まるすけ氏のこと。彼のことを実際に黄緑と呼ぶ人はあまりいないが、主にキャラデリがその呼称を用いている。
ゲームをプレイする以上は「強くなる」ことを目的にしがちだが、彼はあえてゴミのような装備に身を包むことで「ライト層のヒーロー」になることに成功、ブログランキング1位へと輝く。そして脱サラしてブログ1本で稼いでいくようになり、個人で成功したブロガーの一例となる。

しかしドラクエ10が珍宝化してどんどん人が減っていることで、彼の収入も低下しているだろうと推察されることから「将来設計が狂いましたよおぉぉ!」とネタにされている。基本的には有名税による叩きが主で、実際に彼のことを嫌いだという人はあまりいないのではないだろうか。なお、リアル妻のすずめさんも本スレ(珍宝スレ)愛読者とのこと。

最近は節税のため株式会社化していたことが分かり、炎上。しっかり稼いでる個人事業主が実体はそのまま書類上会社化するなんてのは別によくある話だと思うのだが・・・なぜかかつてのファンが離反していっている様子。

グラフガイジ

前述の「金玉民」にカテゴライズされる、とある個人につけられた蔑称。
FF14のロードストーン――ドラクエ10でいう広場に相当する――の情報を収集し、「FF14はこんなにも糞過疎である」というグラフをTwitter上で多数発表。そのグラフがパッと見で何を伝えたいのか分からないことが多かったため、グラフガイジという蔑称が生まれてしまう。ただし、このグラフが実際に支離滅裂なのか、もしくは単に「馬鹿には理解できない」だけなのかは、FF14のことを知らない私には評価のしようがないので、ここでは触れないこととする。あくまでも2ch上では「何を伝えたいから分からない」という受け取り方をされてしまっているのみである。
最近は予言者学園という未来予想ゲームの「日本ゲーム大賞2017年間作品部門で大賞に選ばれるのは何か」という問題の回答選択肢にFF14がないことから不人気説を主張。尚、日本ゲーム大賞2017は2016年4月1日~2017年3月31日を発売日とするゲームを選考対象とするため、FF14は最初から選考外である。

FF14を引退してドラクエ10へ移住し、FF14と比べてドラクエ10がどれだけ「あったけぇ」かを力説する。しかし同時に、移住してから2ヶ月経過してまだネルゲルを倒していないとも語っており、「FF14と比較できるほどドラクエ10をプレイしているのかどうか」は疑問に思われる。また目的は不明ながら、FF14用のチートツールを配布している。

石田光央

前述の「金玉民」にカテゴライズされる、とある個人の本名。

20170916233114
本名強制開示のjpドメインを取得したことで自ら公開した。広く普及しているWhois情報公開代理サービスはドメインの種類によって隠せるものと隠せないものがあるのは社会の常識なのだが、知らずにjpドメインを取得した模様。

bbQOUnF0QMPCu58F20170916235213
彼は私によく脅迫DMやツイート(※)を送ってきていたので「本名をセルフ公開しながらやるとか無敵の人なんだろうな~」と思っていたものの、最近(2017/9/16頃)になってセルフ開示していた事実に気付いたらしく、活動停止を宣言。どうやらただのアホとしか言えない人だった様子。
※ツイッター社に相談したらアカウントを一時停止してくれたこともある程度には、客観的に見て脅迫だと思える内容をよく送ってきていました。

私は彼に興味がないので返事をしたことは一度もないし、彼のことは本当にどうでもいいのだが、今回の話を聞いて彼のブログをチラっと見てみたら私への誹謗中傷が激しかった。どうでもいいことだが、周りから攻めるのは晒しの基本だと言い、私の親しい人を攻撃するとはっきりと宣言をしていた彼が、自分がされたらどうするつもりなのだろうかと心配になる。まぁ彼の本名から個人情報をわざわざ探そうと思う人はいないだろう。

コメント

  1. 匿名 より:

    良く出来てるじゃねーか

  2. 休止勢 より:

    金玉は何故そういう呼称になったのかご存じでしたら教えて下さい

    1. 田村 より:

      吉田がしわくちゃで金玉みたいな顔だから
      金玉蛙というアダ名をつけたのが
      始まりだったような

    2. 管理人 より:

      書き加えました。

  3. 匿名 より:

    スレ荒らしまくって晒されて開き直って居座ってるテラオについてもまとめとけ。

    1. 管理人 より:

      書き加えました。

  4. あず より:

    広場BANの用語解説もお願いしますー。

    1. 管理人 より:

      書き加えました。

  5. 匿名 より:

    (´・ω・`)ここだけの話、ワイはリリスさんとフレやで

  6. 匿名 より:

    金玉民の突撃待ったなし

  7. 匿名 より:

    珍宝寄りな訳でもなく本当に良く出来てるな

  8. 匿名 より:

    竜玉理論値0人って合成消せない頃の話ですよね?
    バトチョ理論値9人ですよ?
    ホントに「わたし含めて」?

    1. 管理人 より:

      もしかしたら私の記憶が混在しているかもしれませんね。
      バトチョについて数百人と発表された時では、私は既に理論値を作成済みでした。その時点ではもう竜玉いくらかいたんでしたっけ。
       
      チェックでき次第、適切に変更しておきます。

    2. 匿名 より:

      気になって調べてしまいました。
      一周年の国勢調査と開発運営便り13号でした。

  9. 匿名 より:

        ┏━━━━━━━━━━┓
        ┃      ∩ミ      ┃
        ┃    ⊂:: ::⊃      ┃
        ┃     ミ∪       ┃
        ┃   十 字 珍 宝  . ┃
        ┃ O N L I N E   .┃
        ┣━━━━━━━━━━┛
        ┃
      __,、_,、
     (  ( ´・ω・`) 
     `u-`u–u´

  10. 匿名 より:

    馬糞ドルボの件だけど、既存のモデリングにテクスチャ貼っつけるだけなら単独犯行も可能かと
    ただしスクエニには品質管理部があり、本来ならあのようなデータが混入した時点で差し止められたはず
    品質管理部もグルなのか、はたまたガバガバの無能なのかは不明

  11. 匿名 より:

    馬糞ドルボの謎のキャラは当時のととろんをモデルにしていた説とかあったよな

  12. 匿名 より:

    ホームラン→
    改行
    構ってちゃん
    ニート

  13. 匿名 より:

    よく見かけるCHIKARAの「KANKAKU」ってのの元ネタを知りたい

    1. 田村 より:

      なんのインタビューかはちょっと調べたけどわからなくて申し訳ありませんが
      「僕の感覚」を連発してプレイヤーの要望を蹴散らしてた記事が元ネタだったような

  14. フヒヒ より:

    よう!カムバック民!

  15. 匿名 より:

    楽しく読ませて貰いました。
    牡蠣豚の別称に「リアリティ」も必要かと思い、コメントさせていただきました。

  16. 匿名 より:

    本スレ見てるけど14関連とコテ関連よーわからんかったからありがてぇわ

  17. キャラデリ より:

    オレはXBOXoneS買うのやめて、
    GTX1070を買ってForzaやってる
    珍宝は現役よ

  18. あのお肩(44) より:

    詐欺豚は「PC版出しませんので安心してWiiUに乗り換えて下さい」→「すまんやっぱPC版だすは^^;」
    って公式HPの内容もサイレントで書き換えて炎上したのが発端だったと思う

    てか当時なるせいたよな?(´・ω・`)

    1. 匿名 より:

      それと課金アイテム出しませんも追加で

  19. 匿名 より:

    (´・ω・`)面白いね
    なるせさんとは何となく気が合いそう
    ゲーム内で合ったらよろしくお願いします。

  20. キャラデリ より:

    珍宝用語集で
    グラフガイジのリンクが
    404になっちゃいます

  21. キャラデリ より:

    用語集にJINGの追加を提案します

  22. より:

    アクセの理論値云々はBANされた前キャラクターなるせですよね?
    あくまでも貴方ではないと御自身が主張なさるこのブログで認めてよいのでしょうか?
    また規約では同一人物と認められた場合BANされる可能性があるのですが、このブログとスクエニのデータを照合された場合不味いのでは?

  23. 匿名 より:

    逆に14民でDQ10は1か月くらいしかやったことない人間だけどよくスレで珍宝とか見かけてたから助かったわ

  24. 匿名 より:

    牡蠣豚の蔑称が生まれたのは職人チート問題発生時ではなくカジノ逆天井問題の時ですよ

  25. マリオ より:

    広場戦士の追加をお願いします。

  26. 匿名 より:

    こんにちは。
    FF14の金玉民の項目にある「脱北民」ですが、
    この当時吉田プロデューサーがゲームウォッチのインタビューで
     「吉田氏:北米は取れたんじゃないですか。」
    という発言をしており「北米」「取れた」にもかけて脱北という名称が付いたのだと思われます。

  27. 匿名 より:

    ホームラン=旧珍宝ようつべ主マハポーシャ関係者説

  28. 匿名 より:

    エリアルうじガチギレやんやん!

  29. レイヤ より:

    アッチキの記事消せ

  30. 匿名 より:

    面白いまとめだなあ
    はっきし速報の解説頼みます
    あそこの狂信者嫌でしょうけど

  31. 田村十字路 より:

    光央w
    本名をインターネッツに拡散した彼は救われるのでしょうか

コメントを残す