iPhone7は買いなのか。自分用まとめ

iPhone7Plus-Lineup-PB_PR-PRINT

ようやく正式発表されたiPhone7と7Plus。大まかな性能・機能は事前情報とほぼ同じ。
さて。今回のiPhone7は”買い”でしょうか。自分用にまとめてみました。

今回新たに加わった変更点は、大きく分けると以下の通りです。

  • 防水・防塵
    諸外国と比べると、日本ではやけに需要の高い機能(というか性能?)ですね。誰がどう考えても、無いよりはあった方が良いに決まっているのですが、それと同時に、今までずっとiPhoneを使ってきた人から見ると別に必須というわけでもない微妙なラインでしょうか。防水が必須ならiPhoneは最初から使ってねーよって方が多いかと。
    また、iPhone6sは元々気密性が高く、トイレやお風呂にドボンして1時間くらいしても浸水なしがデフォ、準防水といって言いんじゃねって程度には水に強かったこともありまして、私なんか普通に水洗いとかしてますので、防水化によるメリットがあまり感じられない気もします。
  • イヤホンジャックが消えた
    ハイレゾ音源を好む人からすれば、そもそも使用していない部分ですね。iPhoneでハイレゾ再生する場合、Lightning-USBアダプタ使ってUSB接続となりますから。
    でも、Apple公式からの新提案である新しいBTイヤホンが同日発売ではないっていうのは、「Apple公式で揃えたいぜ」みたいな欲求がある人には不満になりそうです。
    また普通の有線イヤホン使う人だと、変換アダプタが同梱されてるから接続はできるといっても、変換アダプタを持ち歩く必要性が出ちゃうのは不便そうです。
  • FeliCa搭載した
    ポイントとして、日本モデルだけの対応です。グローバルモデルは対応していません。まあ、便利にはなるでしょうか。
    私はクレカ決済ばかり使用するタイプですが、だからといって財布を持ち歩かないまではいかないので、財布には各種カードが入っており、それでいいじゃん感が強い。
  • カメラが良くなった
    いつも通りの順当なスペックアップ。デュアルレンズになって「光学ズーム」や「後からピント変更」のPlusばかりが目立ちますが、何気に、無印にも光学手ブレ補正が加わりました。
  • 性能が上がった
    いつも通りの順当なスペックアップ。
  • 1.5GHz帯の、FDD-LTE バンド21、11に対応した
    日本ではドコモがバンド21、auとソフトバンクがバンド11を使用しているため、通信環境の向上が見込めます。
    ただし、ソフトバンクでは2017年3月末までは1.5GHzを原則として3Gサービスに使用していますので、しばらくはドコモとauでの環境向上となりますね。
    その中でもauは、この周波数帯に対応した端末がほとんど無かったためにあまり使用されていない事情がありまして、iPhone7専用に近い状況になって快適さ向上が大きいんじゃねとかウワサされています。

ぶっちゃけ、これくらいですね。特に大きな変更点は防水防塵とFeliCa対応ですが、海外ではFeliCaに相応する機能がとっくに存在していますから無意味で、海外の評価はわりとイマイチなようです。見た目がほとんど変わらなかったのもマイナスポイントでしょうか(見た目については、10周年である来年に大幅な刷新をする、というウサワもありますね)。

2年ごとに買い換えていた人は、十分に買い換える価値があると思います。流石にiPhone6は古い。

しかし毎年買い換えている層にとっては、そろそろ「買い換える意味あんのかな」と感じてきます。やっぱり、性能の上昇が実感しづらくなってきてるんですよね。スマホ黎明期は、性能が上がるたびに快適さがどんどん向上していきました。性能向上ってだけで買い換える価値がありました。
しかし今はもう、買い換えてちょっと触るだけで「うおー!更に快適になった!」とは感じにくいんですよね。待ち時間3秒が1秒になると、2秒も短縮されるので差がわかりやすいです。それと短縮率は同じでも、0.3秒が0.1秒になるのは、0.2秒しか短縮されていなくて実感しにくいです。PCでもスマホでも、既に「人間ではその差を明確に感じ取れない」の域になってきているので・・・うーん。iPhone6sのまま、Elite X3を買ってWindows10 Mobileを楽しむ方が、遊びの幅が広がりそう。

 

とは言ってもまあ、今回は買い換えようかな。iPhone4から、ずっと買い続けてますしね。
FeliCa対応で、どえらいカードのiD決済が、iPhoneのみで行えるようになるはずだしね。
現時点でも平気で水洗いしてるとはいえ、一応iPhone6sは防水ではないしね。ちゃんと防水対応した方がいいよね。
順当進化の享受度合いで言えば、6→6sよりも全然高いはずですしね。6→6sで実感できた差って、指紋認証が高速化されたことと、あまり使わない3Dタッチくらいでしたし。今回はけっこう差ありますからね(日本では)。

それに、元々「今回は見送るかな」と思っていた理由が、既になくなってるんですよね。
私のiPhone6sは、自転車で走ってたらポケットから落下して大ダメージ受けた歴史がありまして、ガラスの角が欠けています。
よくある画面全体のひび割れとは違い、隅っこが欠けただけなので、実用性やパッと見の綺麗さが損なわれておらず、修理するのも無駄金かなと放置しています。
でも、欠けてると普通は下取りに出せないんですよね。中古も一気に査定下がりますよね。修理して下取りに出すと、あまりお得感がないですよね。だから、7をスルーして6sを2年使おうかなって悩んでました。
でもそうしたらですね、今年の春、auの下取りキャンペーンの条件が緩和されて「ひび割れOK!」になったんですね。隅っこが欠けるどころか画面全体バリバリでも、電源入って動作するならそれでOKになったんですね。キャリアの下取りは中古屋と比べると割安ですが、付属品返す必要なし、ボロボロから新品同様まで一律して同じ金額なので、iPhoneを裸で使う派の私にはとても都合が良い。それならもう今回も買い換えてキレイな本体にしちゃおう、と。

コメント

  1. 匿名 より:

    俺の6Sはお風呂で30分程浸けたらお亡くなりになったので、修理せず機種変更ですわ…

コメントを残す