iPhone5 1週間レビュー。あとKDDI LTEの優位性について

20120928035803

当然ですが発売初日に買っていました。
発売から一週間。購入から一週間。十分に評価できる程度には触ったのでレビューです。

 

 

ハードウェア方面

ソフトウェア方面についてはまた別の記事で書こうと思います。
今回はハードウェア方面のみで語ります。

 

2012092803591620120928035951

購入したのはブラック&スレートモデル。
iPhone4黒、iPhone4S白と買ってきたので、順番考えて黒にしようということでした。
あと写真で見ると白のツートンが酷いものに見えたのも理由の一つです。「消費者がモックすら見ずに予約開始する。」という謎のAppleシステム。CGだとかっこいい黒を選ぶ他なかったです。

結論から言えば後悔しています。

 

20120928040314

本体上部中央付近のフチに傷が入りました。
裸で使用こそしていましたが「落とす」というのは一切していません。乱雑に扱うこともしていません。
しかし気がついたら傷つきました。というかカバンに入れたら傷つきました。カバンはノートPC用のものでクッション性の高いものです。でも傷つきました。意味がわかりません。

黒はバックパネルの塗装が剥げる、というのが一部で話題になっていますね。
私のiPhone5のバックパネルは特に問題ありません。でもエッジが死にました。かなり弱いです。バックパネルだけでなく、エッジも傷つくと下地の色が見えます。傷ついてもそこまでは目立たない白にしておけばよかったと後悔。

まあ特に目立たないといえば、それまでなんですが。買ったばかりなので少し嫌な気分になっていまいました。

 

Lightningケーブルには賛否両論

旧来の”Dock”と比べ、大幅に小型化した”Lightning”
向きに関係なく装着できるようになり、基本的には便利になったのですが。

 

20120928042056

USBプラグ側も小型化してます。薄く、短く。

ここ小さくされると抜き差しが大変になるんですよね。小さいとつかみにくく力をいれにくいです。
ただでさえツルツルでつかみにくいのに。
特に抜くときに大変支障があり、もうケーブル部分持って引っ張りたくなります。

端末側を小型化するのはとてもいいことだと思います。しかしUSB側まで小さくする必要はないと私は思います。
せめて丸いデザインにして欲しいですね。USB接続するときに指が痛くなります。

 

EarPodsの実力はなかなかのもの

iPhoneやiPod付属のイヤホンといえば、その酷いクソ音質と激しい音漏れによって、日本全国の電車通学の中高大学生の耳をスピーカーにし、イヤホン難聴を誘発しまくってる危険物として有名でしょう。電車に乗ればほぼ100%、あの白いイヤホンをつけた耳がシャカシャカと激しい音をまき散らしています。

今回、その付属イヤホンが刷新されました。

 

20120928043131

これまでに類を見ない気がする形状が特徴のEarPods。

そのサウンドは何万円もするような高級ヘッドフォンにも引けを取りません。

とAppleは意気込んでいます。流石に何万円もするような高級ヘッドホンに勝てるとは思えません。
しかし”スマートフォンの付属イヤホン”としては一つ上の次元の品にはなったと思います。
つけ心地、音質、音漏れ、どれをとっても”悪くない”の域に達しています。良くもないし悪くもない。無難です。

 

20120928043139

私が普段使用しているイヤホンはソニーのXBA-4SLです。希望小売価格30975円、実売価格15000円前後
音響機器には一定の評価のあるソニーが放つBA型イヤホンシリーズの最上位モデルです。そろそろ後継機のXBA-x0シリーズが出ますが、これはかなりのマイナーチェンジでドライバ部分などは変更ないそうです。

近年の高級イヤホンブームとBA型信仰ブームによって人気の一品ですが、まあ価格なりの音は出る、良いイヤホンだと思っています。ここらへんのイヤホンと比べたらEarPodsは確実に劣ります。何万円もするような高級ヘッドホンに引けを取らないわけがないと思います。が、電車などで使うのであれば、EarPodsも十分選択肢に入りそうだなという印象は受けました。耳に詰めるわけでもないのにしっかり固定されるこの独特の装着感は、かなり快適です。カナル型と比べて負担が少ない感じがします。

 

 

大きくなった画面や本体にはすぐに慣れた

初代iPhoneから一貫して3.5インチを貫いてきたiPhone。
今回、横幅を全く変えずに縦に伸ばす形で4インチとなりました。それに伴い縦長に。

一度慣れたものを変えられるとかなり違和感を感じます。私は意味のない変化を大きく嫌います。実際、初日は画面のサイズに困惑しました。しかし二日目からは慣れてしまいました。横幅が同じだけあってキー入力などの感覚は以前と変わらず。表示領域が増えた感じでむしろ使いやすく思いました。

ホームボタンが直径1mmほど小さくなりましたが、ここの感覚は特に何も変わりませんでした。

本体が大きくなって軽くなったため、かなり軽く感じます。
20gしか変わっていないはずなのですが、とても軽く感じます。

 

ディスプレイに欠陥はなし

iPhone4、iPad2、iPad3で良ディスプレイを、iPhone4Sで黄ばみ液晶を引いて交換した私ですが、今回のiPhone5は特に問題ありませんでした。特筆することなく、今まで通り普通に綺麗なRetinaディスプレイです。
黄ばみ液晶は保証に含まれますので、もし黄ばみ液晶を引いてしまった人は、Appleに連絡して交換してもらいましょう。交換用の在庫があればすぐに交換されます。

 

塗装などが脆い、という面を除けば、ハードウェアの進化はかなり素晴らしいものだと思います。
大きな革新性はありません。ただただ順当な進化をしています。ただし脆いです。

 

KDDI版のLTEはバッテリーにやさしい

iPhone5は実に順当な進化をしたため、特筆することが特にありませんでした。
そこで今回は新たに対応したLTEについて書いてみたいと思います。

まずは一般的なLTE対応端末の、LTE電波と3G電波の掴み方

20120928135653

LTEをオンにすると、端末は3Gの電波とLTEの電波を常に探し続けます。LTEが繋がらないところでも、LTEの電波を探し続けます。このためLTEをオンにすると、LTEが繋がらないところでも余計な電力を消費し、バッテリー持ち時間が短くなります。

オンにしていると繋がらない場所でも探し続けバッテリーを消耗。
繋がるところでは高速通信できるけど現状、LTEが繋がるところは3Gもしっかり整備され高速に繋がるエリアなので、3Gでも5Mbps以上余裕なエリアがほとんどです。
なのでわざわざバッテリー激しく消耗するLTEを使う意味があまりないように感じます。

 

2012092814254420120928142619

今回CDMA版iPhone5はCDMA2000 1x EV-DO Rev.Bに対応しました。
それに伴いCDMA2000 1x EV-DO MC-Rev.Aにも対応するため、WIN HIGH SPEED(au名)の利用が可能になります。
下り最大9.3Mbps上り最大5.4Mbpsまで高速化され、他社の3Gにやっと並びました。

上の画像はWHS接続でのKDDI版iPhone5の通信速度サンプルです。従来と比べるとかなり早いです。従来の理論値超えてますし。
これくらいの速度になると、LTEでの10Mbps以上の高速さとの差は実感しにくくなります。あ、ちなみにこれは岡山県内の電車で移動中に非LTEエリアで計測したものです。電車で移動中だけあって応答速度がかなり酷い感じですが、速度は十分に確保できているのがわかると思います。

そんなわけでこれが、私が「LTEは時期尚早、消費電力とエリアと速度などが釣り合ってない」と考える理由です。
当然、繋がる場所なら低レイテンシで高速など利点はたくさんあるのですが、”LTEが繋がるから”は購買理由などにはならないなと思います。

 

 

20120928144315

さて、KDDI版iPhone5のLTEでは、一般的な端末とは異なり、3G電波にLTE利用可否の情報を載せています。
LTE使えますよと3G基地局が発した情報を見て、LTEを探し始め、接続します。

 

 

20120928144154

LTEが使えないところでは、端末はLTE電波を拾おうとしません。
拾おうとしないので当然処理もなく、バッテリーの消耗はLTEオフ時と同じです。

 

つまりKDDI版iPhoneでは繋がらない場所でもLTEオンにしっぱなしでOKです。オフにする意味はありません。
これによって、私の考えるLTEの欠点の一つは解消されています。これはiPhone5の特徴ではなくKDDI版の特徴ですので、Softbank iPhone5では、ドコモのXiと同じく、いつでもどこでも探し続けますのでお気をつけ下さい。

KDDI版iPhoneならば、LTEをオンにしっぱなしが可能です。LTEが繋がるところではその高速さを享受しつつ、繋がらないところでは無駄にLTE探してバッテリー消耗がありません。
緊急地震速報の実装方法についても圧倒的なアドバンテージがあり、実用性ならば、KDDI版iPhone5の方がよさそうだと思います。緊急地震速報の実装方法については過去に当ブログでで解説したのですが記事全削除したので残っていません。そこそこ人気のあった記事ですのでそのうち、よりわかりやすく書き直す予定です。

コメントを残す