ドラクエ10考察 -バージョン1.3に向けて-

色々と発表されました。より詳しい情報は今後順次発表みたいです。
簡単な情報と、私なりの考察をまとめてみます。サイト一新後初の、勝手に妄想シリーズ。

 

バージョンアップは3月5日。
WiiU版ベータテストは3月6日から新規キャラのみで開始、途中で既存キャラも参加可能になる(かも知れない)
WiiU製品版発売は3月30日。

 

追加される職はバトルマスターと賢者。レベルは65まで開放されます。
必要な経験値を計算しますと、Ver1.2現在の全職を60にしていても、Ver1.3で全職65にするのには時給10万の狩場で120時間以上狩る必要があります。そんな狩場と言えばイーターを効率効率!でやるくらいしかありませんね。バトマス賢者レベル1からそれやるのは無理がありますし、他の職も当然ながら元気玉が足りませんので、実際のところ300時間以上かかるでしょう。
そんなわけでそろそろリアル職をNEETに転職しないと全職カンストは不可能なレベルになってくるので、全職カンストさせないと気が済まない病の人は治療が必要になってきそうです。

 

土地はMサイズが購入可能になり、SでもMでも庭で植物を育てられます。
収穫した植物は、装備品のカラー変更に利用できます。また装備品の見た目変更も値下げが行われます。
植物については、あまり高価にはならないんじゃないかなと予想しています。誰でも作れる、性能に直接にも間接にも関わらない見た目だけというのを考えると、価格が高いと買う人がいないと思います。最初の1週間くらいしたら、価格は落ち着くでしょう。

 

アイテムカバン拡張クエが出ます。
これでアイテム40個持てるようになるんですかね。純粋に捗りそうです。
元祖「リアル時間~~待て」系なので、レベル上限解放同様早めにやっておいた方がいいとおもいますけど、30個でも特に不便するシーンはそうそう無いので、後回しでもいいかも知れません。

 

町ボスの強いバージョンが出ます。
討伐報酬が既存のオーブか、また新しい素材か。
これについては既存のオーブ、もしくはしょぼいアイテムと思っています。
常識的に考えて、強さは城ボス>町ボスとすべきでしょう。町ボス強ははフルパッシブ前、ある程度育てた人が行けるようなスタンスにしたいのではないかと予想します。スクエニに常識が通じるのかどうかについては・・・ですけども。
町ボス強の討伐報酬が新たな素材で新装備に使うとなると、町ボス強と城ボス強の立場が逆転してしまうので、それはまずないでしょう。今と同じかそれ以下の報酬となる線が濃厚。
既存のオーブが報酬となるのであれば、新装備の素材にそれらを使うのは変わらないでしょうから、供給が2倍になろうが需要が3倍4倍になるのでオーブは再び高騰するでしょう。つまり買い占めるなら今ですね。個人的にはブルーオーブが特に高騰すると思ってます。

また別パターンとして、町ボス強の報酬は既存のオーブとし、その上で現在の城ボス強を大幅に強化した上で報酬変更、新装備の素材を用意も考えられます。バトルマスターと賢者によってステータスは更に強化され、現時点でも半ば作業と化している強ボスはあまりにも雑魚すぎるZe!という世界になるでしょう。そして町ボス強は、城ボス強より弱い(はず)。
なので城ボス強を強化してやらないと、強い装備の使い道が本当になくなります。そう考えるとこの線はかなりありえそうな気がするんですけども、スクエニが用意するのかどうかを考えると・・・・・。この場合の、既存のオーブはもう少し安くなると思います。

ここから予想できる今後の強いボスPTとしては。
まずアタッカーが完成しますよね。前衛も後衛も。

前衛のアタッカーはバトルマスターではなく盗賊と武闘家でしょう。 正直に言ってバトルマスターがタイガークローよりも高いダメージを出す姿は想像できませんし、盗賊なら盗むの存在はとても大きいです。武闘家なら一括の存在が大きいです。一括は常に使えるものではないのでそれに頼ることはできませんけど、来たらそこで一回体制を整えることができるので、便利です。
バトルマスターはただのパッシブスキル用職業化するでしょう。
今と変わらず、僧侶魔法戦士、そして武闘家か盗賊か2人。という気しかしません。

特に書きたいのは後衛、魔法PT。
賢者か魔法使いどちらがアタッカーとなるのか、賢者か僧侶どちらがヒーラーとなるか。
とても悩ましいですが、賢者がアタッカー兼ヒーラーとなってくれたら嬉しいなと思っています。これは願望です。賢賢賢パ、賢者3人のうち2人は攻撃魔力錬金で、もう一人は回復魔力です。
しんぴのさとりの効果は攻撃魔力と回復魔力を一時的に高めると言われています。内容としては両方を1段階上げるものでしょう。二回かければ、魔力覚醒と聖なる祈り両方をした状態と同じになると予想しています。
賢者の攻撃魔法はドルマ系とイオ系。闇と光ですね。追加される町ボス強は、魔神兵を除いて光と闇どっちかは弱点です。
回復はザオラルとベホマラーまでは60までには覚えてくれるでしょう。素の魔力は魔法使いにも僧侶にも負ける中途半端なものとなると思われますが、攻撃も回復も魔力の大半を支えるのは装備品とその錬金効果ですので、十分に高いステータスの追求が可能でしょう。
安定している時は回復役も攻撃に参加できる。ピンチの時は攻撃役も回復役に参加できる、聖なる祈り状態なので攻撃魔力装備でも割と回復できる、かなり安定したPTを作れると思います。賢者にはズッシートがありませんが、パラディンにはヘヴィチャージがあるので壁も問題ありません。

最初に述べたようにこれは願望でして。
実際のところ器用貧乏な職ってあまり恵まれないことが多いので、賢者もパッシブ(と両手杖)スキル用の踏み台になる可能性も否定できません。むしろその可能性の方が高そうです。いい加減、魔法使いにはメラゾーマとイオナズンあたりは来ると思われますし、火力特化なら魔法使いの方が上なのは当然です。
そして何より、一度「これが定番だ」と決まったものは、それよりも良いものが出ても簡単には切り替わらないことです。
賢者はレベル1から、魔法使いはレベル60からスタートです。アプデ当日から新しいボスの戦法を研究できる魔法使いと、レベル上げから始まる賢者。賢者が育ちボスに行く頃には、魔法使いの戦法は確立されているでしょう。火力特化なら魔法使いであることもそれ加速させ、最高効率なら魔法使い!魔法使いサイコー!賢者はイラナイ!となるのが現実的なラインかと。

この一度決まった定番がそう簡単には覆らないというのはとても厄介です。
ドラクエ10初期で言えば自称極限まで攻略してくれるらしい某攻略サイトによる最低なアドバイス「どくろあらいに呪われてからクリスタルハンドを倒す」というのもありましたし、ピンクモーモンタコメットに始まる、悪くないけど最高でもない狩場が一番人気というのもあります。武武僧僧でバズズアトラスという、そりゃ倒すだけなら早いけど安定性に少し欠けるよねってPTが、まるで最高編成のように思われているのもあります。まあここらへんに関しては心理学だとかそういった方面になると思うので、これくらいにしておきましょう。

 

さて装備に関しては、おそらく水のはごろもの攻撃魔力とMP需要が終了すると思います。
言い換えれば回復魔力とHP錬金の需要は残るかなと。

水のはごろもの高い需要はその耐性(あと一応、安さ)にありますが、Ver1.0の装備であるためステータスの低さがみのがせない時期になってきました。今でも占星術師派と水のはごろも派で大きく分かれており、Ver1.3で出る新装備によって差は更に広がります。
また物理の強化によって物理PTが大流行しているように、魔法でなければいけない敵は減りつつあります。バトルマスターのパッシブスキルによってそれは更に加速、物理の方がいい敵は増えるでしょう。魔法の方が良いのはバザックスなどのよほど硬い敵のみとなる可能性もあります。
前衛はHPも守備も高く根本的に死ににくいですし、なにより体装備に耐性をつけることができます。ここが後衛(特に魔法使い)と違うところですね。魔法使いは攻撃魔力をつけなければ本当にゴミになってしまうので、攻撃魔力は必須です。しかしそうすると耐性装備にできないので、ますます前衛との死ににくさに差がでます。
僧侶の回復魔力は400~420くらいあれば十分で、それ以上あってもホイミの回復量が限界に来ているのであまり意味がありません。そしてその魔力は羽衣の上と下どっちかに45つける程度で十分に到達できますので、耐性はごろもが装備できます。そして僧侶に求められるものは、死なないことです。死なないことに関してははごろもの耐性は特に便利でしょう。僧侶にはマホトラの衣がありMPの心配はあまりありませんし、死なないのが大切なのでHP錬金が欲しいです。なので、回復魔力とHP錬金は今後も需要があると思います。ただここまで考えて装備を買う層は既に買っている

バトルマスターの紹介画像が無法者を装備している=バトルマスターが装備できるとほぼ確定のため、無法者シリーズが値上がりしていますね。これはまあ当然かな、と。バンダナは数値ミスとしか思えない高い守備力で未だにトップクラスですし、Ver1.3でも無法者の時代は続くと思います。
とは言え守備力がおかしいのはバンダナのみで、体装備は今でもトレジャーやバトルドレスの方が高いです。1.3で追加される新装備全部の合計値ならば無法者より硬くなると思うので、トップを目指すならば新装備となるのかなと予想はしていますが、どうせ意味がわからない高級価格になると思われるので、やはり無法者で安定でしょう。

 

 

そんな妄想でした。おわり。

コメントを残す