入門用ヘッドホンアンプの定番(?) Stereo 2013年1月号 LXU-OT2を買って来ました

音楽をイイ音で聴きたい!
と思えばまずヘッドホンを買い換えるとおもいますが、A/D変換を行うアンプを良いものにするのもまた音質向上に繋がります。それ以上はオカルトです。

というわけで、LUXMANという有名メーカーと、オーディオ雑誌Stereoの共同開発、LXU-OT2を買ってみました。Stereo 2013年1月号に付属です。いわゆる雑誌のオマケですが、オンボードなんかよりはとてもいいそうです。

stereo (ステレオ) 2013年 1月号 [雑誌]
stereo (ステレオ) 2013年 1月号 [雑誌]

「アンプって興味あるけど高い!」という人が、試しに買ってみようというのにいい製品です。
このアンプを使うことで、ヘッドホンのライブ力を上げ、余裕のある力強い音が狙えるそうです。(本誌より引用)

雑誌の方は意味の分からないオカルト話が書かれているだけなので捨てましょう。

 

20121221145042

これがLXU-OT2です。基盤剥き出しなのも通っぽさアピールができて自己満足度が高まりますね。

 

20121221145511

付属のUSBケーブルでPCと接続すれば、勝手にドライバーインストールしてくれます。
PC、Mac両対応だそうです。WIndows8でもOKでした。
LUXMAN LXU-OT2という表示が出るのも嬉しい仕様だそうです(本誌より引用)

手元でボリュームコントロールをくるくる回すだけで音量調整できるので、普通に便利です。
音質についてのオカルト話はしませんが、少なくともオンボードのノイズまみれな酷い音ではなくなり、確かな音質向上は感じます(オンボード比)
PCで音楽聞くならこれくらいは用意した方がいいと思います。

コメントを残す