PS4 Proを買ったのでSSHDに換装するよ!のコーナー

モンハンワールド買うぞってことで、先立ってPS4無印をPS4 Proへ買い替えました
さて、PS4と言えばロード時間が遅いですね。というわけで、せっかくならHDDも交換しましょう。

やっぱりコスパ抜群のSSHDがいいと思う

交換するなら、SSDかSSHDかというのが一般的な選択肢でしょう。以前にPCのHDDを増設した時にも紹介したSSHD、これはよく使用するデータをSSD部分にキャッシュしておくので、その仕組み上、ゲーム用途にとても向いている商品です。ゲームはストレージの容量全てを一度に使うことはなく、プレイ中のゲームのデータを何度も何度も読みますからね。また言ってしまえば、PS4ごときにSSDは贅沢だったりもします。PS4では逆にSSDの性能を活かしきれないので、よほどお金が余っている人以外は、SSHDがいいでしょう。

SSHDにするぞって決めたところで、では何を選ぶかという話です。
PS4の無印もProも、HDDのサイズは2.5インチです。そして標準で搭載されているHDDの回転速度は5400回転です。一般的に高速なHDDは7200回転ですね。
HDDは円盤を物理的にブン回しているため、サイズが大きいほど外周の速度が早くなり、より高速にデータを読むことができます。ただでさえ小さい2.5インチ、7200回転を選んで少しでも速度稼ぎたいって気はするのですが、HDDはどれだけ頑張ってもSSDに速度で勝てず、ましてや小さい2.5インチなんて・・・というのが今の世の中の流れです。2.5インチHDDには高速性を求める声が少なく、7200回転の商品は減っています。まぁ、多くは求めず5400回転にしましょう。

無難にFireCudaかな?

私自身が今現在、Seagateのゲーム向けSSHDでお馴染みのFireCudaでRAID0を組み、PCのデータドライブにしているわけですが、4K60fpsを無圧縮で撮っても書き込み速度が間に合ってる程度には、十分な速度が出ています。まぁ同じシリーズと言っても、3.5インチ7200回転のRAID0なので、2.5インチ単体とは比べ物にならないのですが、それでもこのシリーズには十分な信頼性と性能があり、高い評価を得ていると感じます。またFireCudaは標準で5年保証がついているので、今からPS4 Proに交換した場合、保証が切れる頃にはとっくにPS5が出てるでしょう。というわけで無難にこれがいいんじゃないかなと思いました。

1TBと2TBどっちにしようか→私は1TB

FireCuda 2.5インチには、1TBと2TBがあります。一応500GBもありますが、無駄金感が凄いので除外です。本記事執筆現在のアマゾンでの実売金額、500GBが6980円、1TBが7465円と、500円未満の差ですからね。これで500GBを選ぶのは流石にありえないでしょう。

20180115021331価格はアマゾンより。
2TBの方が容量単価で言えばお得ですが、使わない容量を買っても無駄なので、ここは自分の使い方に合わせるのがベストでしょう。一般的には容量が大きい方が多少早くなることが多いですが、スペックシートに出るような差はないみたいです。

私の場合、PS4無印(500GB)を発売日に買ってから使ってきて、容量不足を感じたことはありませんでした。初期化した時に思ったよりもカツカツになっていたことに気づきましたが、それでも500GBで足りていたわけですし、完全無整理状態だったので、プレイし終わったゲームデータを消せばいくらでも減らせる状態でした。というわけで私は1TBで十分すぎるほどに足りるはず。1GBを選びました。

20180120004019
PS4 Proをひっくり返して、配線側から見て左手にカバーがあります。カバーの右側にツマミがあるので、そこにツメ引っ掛けて引っ張ると外れます。

20180120004019(1)
元々入っていたHDDはHGST製でした。またSATA 3Gbpsみたいなので、6Gbpsのものにするだけでも少しは早くなるんですかね。
あ、先日アマゾンのセールで買ってみた電動ドライバをここで初めて使ってみましたが、こんなものは手回しでやるべきですね。ネジ穴少し痛めちゃった。

20180120004014
地味に防振ゴム付きでした。

後はUSBメモリにPS4のファームウェアを保存して、PS4 Proにぶっ刺して、電源入れて、メニューからシステムインストールして完了です。

スタンドを探すコーナーに続く

コメントを残す