iPhoneXのレビュー的な雑記

発売前評判では「iPhone7 ジェットブラックを超える品薄」だったはずが、予約状況や実際の在庫状況から「意外とあるじゃん」という状況なiPhoneX。わざわざうちが書かなくとも大手から個人まで様々なところでレビュー合戦が繰り広げられていますが、とりあえず私も思ったことをザラザラっと書き殴っていこうと思います。

デザインは高級感が増したと思う

20171105223952
iPhone7では「繋ぎ目が分からない」ほどの黒一色が美しいジェットブラックを実現し、現状の「板一枚型」という世界ではコレ以上のデザインは無理なんじゃないかと思われていた中で登場したiPhoneX。フルスクリーンになった部分を除けば全体的なデザインは大きな変化がなく、両面ガラス張りになったくらいでしょうか。いやiPhone8も両面ガラス張りですから、フルスクリーンを除いてしまうとiPhone8との差異がほぼ無くなっちゃうのですが。

ブラックモデルでも、ブラックというよりはグレーに近く――まぁ商品名自体がスペースグレーだし――、ジェットブラックのような黒一色にはなっていません。発売前のCGを公式HPで見る限りでは、iPhone7の方がいいよなぁと私は思ってました。が、実際に手にすると、思ったよりも高級感が感じられる気がします。公式サイトのCGよりも実物のほうがいいので、購入を迷っている人はぜひ店頭へ実物を見に行くべきでしょう。

フレームは従来のアルミからステンレスになりました。アルミは錆びるため、錆びた膜である酸化皮膜を人為的に用意し、内部まで錆びないように保護と、ついでに着色をします。これをアルマイト処理といいます。その点ステンレスは錆びないため、金属そのものの光沢を出すことができ、金属の高級感を演出できると言っていいでしょう。スペースグレーでは色をつけているみたいですが、シルバーではフレームは銀色ですね。前後共にガラスとなった分、ここをアクセントとして用いてる気がします。

ただ、アルミとステンレスとでは、基本的にステンレスの方が重いですね。他にも色々詰め込んでることもあってか、重量はかなりのベビー級になりました。見た目のサイズ差はiPhone7と大差ないのに、ずっしりとした重さを感じます。ここはもう少し軽くしてほしかったですね。

フルディスプレイは先進さがある

限界まで画面を広げたフルディスプレイは、やっぱり「最先端」という印象を抱き、所有欲を満たしてくれます。

一部の人には不評な凹部分ですが、彼らは前提とする考え方が間違っていると思います。
もしも凹のヘコんだ部分まで画面にするとしたら、当然、各種センサーを置く場所がなくなります。すると上部のベゼルを太くしてセンサー類を入れることになります。これはつまり画面を狭くすることになります。
凹を叩いている人々が理想としている凹のヘコんだ部分が足されるようなことは決して起こらず、左右の突き出た部分を削り取るのが現実です。各種センサーを画面内に組み込むという、現代の技術では不可能であろうことを実現しない限り、ベゼルを太くするか、センサー部だけを残して他を画面で埋めて凹デザインになるかは、避けられない道です。凹エリアは中央を減らしたのではなく、左右を増やした結果で生まれた領域です。減らしたと思うことが間違いです。

20171105_163814000_iOS
もし凹をなくした場合、凹エリア部分がベゼルになることで結果画面が小さくなるというイメージ図。

現代の有機ELは凄いなと思った

実は私、かなり昔から有機ELデバイス使ってたんですよね。ガラケー時代、これからは有機ELだと先行して採用されていた端末が出ていた時代があります。そこら辺を買ってたことがあります。当時の有機ELは最大輝度がとても低く、太陽光直下での視認性は非情に悪い、いや悪いどころか見えないと言ってもいいくらいでした。これは有機ELに限らず普通の液晶でも太陽光下では見えないこともあり、当時はモバイルASV液晶であることが一つのメリットでした。
現状サムスンにしか開発できないというこの有機ELは最大輝度がかなり明るく、太陽光直下でもしっかりと画面が見えます。進化したなー、凄いなーと思いますね。ただ、斜めから見た時の変色はやっぱりありますね。有機ELは視野角広いと言われますけど、実際にはIPS液晶より下です。有機ELの視野角特性については調べれば分かるでしょうけど、とりあえず一言で言い表すと「どんな角度でも真正面より青白くなります」。実用上では気にはならないレベルですが、聞きかじりレベルのサイトでは有機ELは視野角最高とか書かれちゃってるんで、信じないように。実物を斜めから見たら、ちょっと角度変えるだけで青白くなると分かりますよ。ここは10年前から変わらない有機ELの特徴ですね。

スマホサイズの有機ELだと、発色の良さ、コントラストの高さについては案外大きな差はありません。まず、見比べることなく移行した場合には感覚的にあまり気になりません。そして見比べたら「あー、iPhone7の画面って案外くすんでるな!」となるのですが、iPhone7をしばらく見て目が慣れると「ま、これが普通か」となり、その後直ちにiPhoneXを見ると「ビビッドすぎて目が疲れる」と感じます。今は液晶もとても綺麗ですから、見比べなければ大差ないというのが現実です。スマホの画面サイズじゃ映像コンテンツも見ませんしね。

最も違うのが黒が光らないことですね。これは有機ELの最大のメリットです。特にスマホは寝る前にベッドの中で使う人も多いと思いますので、黒が光るのが特に目立ちますから、うわー黒光ってねーなーと強く実感しますよ。そして光らない黒によって画面全体の平均的に言って明るさが抑えられることから目にも優しいでしょうね。毎日使うスマホでは、画面が綺麗とかそんなことよりも、黒が光らないというのが一番好印象に見えるでしょう。
また黒が光らない以上、黒ければ黒いほど消費電力を抑えることができるのですが、iOSのUIは白基調を貫くようですね。UIをどうするかはまぁAppleのこだわりなのでどうでもいいと思いますけど、ツイッターとかの定番アプリでは、最近は夜間モードとかテーマとかで黒基調にできるものも多いので、そっちにすると少し電池持ち良くなると思いますよ。

わりと熱を持つ

全体的に熱を持ちやすく感じます。
iPhone7の頃にも「防水になって気密性が高くなったことで熱がこもりやすくなった!」とか言われていて、私的にはあまり大差ないように感じていたのですが、今回はiPhone7比で全体が熱くなりやすいなと感じます。

ただし熱くなる部分の面積は広いので、むしろいい感じに熱を放出できてるのではって気がしますね。iPhone7ではカメラの下側が重点的に熱くなりますが、iPhoneXでは全体がほんのり熱くなるという感じです。本体全体で放熱できてると思えば、むしろ良好なのでしょう。

ApplePayは使い方を変えれば問題なし

電子マネーの読取機は変な場所にあることも多いから、端末の前に顔を用意できるか心配! というのが発売前の心配の声の一つでしたが、使い方をiPhoneXの仕様に合わせれば何も問題ありません。

20171105225117_New
その使い方とは「決済モードにしてから読取機にかざす」です。
これはiPhone7から可能でしたが、ロックボタンをダブルクリックすると決済モードになります。そこで顔認証をすれば、1分以上は認可が下りてる状態が維持されるので、その間に読取機へかざせばOKです。(※iPhoneXでの正式名称はサイドボタンなのですが、ロックボタンの方がわかりやすいのでそう表現)

どんな状態でも読取機にかざしてしまえば、iPhone側が読取機を検知して決済モードになりますので、知らない人も多かったかも知れませんね。iPhone7でもロックボタンダブルクリックで手動で決済モードを表示できますし、決済時に指紋がTouchIDセンサーに乗っている必要性は全くなく、先に認証してからかざせば普通に決済できます。これからは、先に決済モードへ。

FaceIDは賛否両論

iPhoneXでは従来の指紋認証が消失し、顔認証となりました。今のところ認証精度に大きな不満はないのですが、同時に満足とはいえないですね。

FaceIDの認証ロジックは「人の顔かどうか」「目はどこを向いているか」「本人かどうか」という順で行われるようです。ロック解除はiPhoneの方を向かなければ行われません。細かい部分で言えば、赤の他人でも、目をそらした状態で顔の前に向けても何も起こらず、iPhoneの方を向いた時に顔が違うために認証エラーとなります。本人かどうかの前に、まず顔があるかどうかと視線を見ているということです。
この視線チェックは常に行われているようで、通常使用時に画面が自動で暗くなる――有機EL採用端末は無操作時すぐに暗くする設定が多い――のを、画面を見ている時は暗くしないという便利機能に繋がっています。

ちゃんと正面で構えれば、認証はしっかりとしてくれます。私はメガネマンなわけですが、眼鏡の有無は特に問題なし。また多少の表情には柔軟性があり、特に口周りは緩めですね。真顔で登録後、口を軽く開ける程度ならば認証エラーにはなりませんでした。目元まで変化するような変顔は認証エラーしか起こりません。

iPhone本体を横向きにすることは想定していないのか、少なくとも私の環境では、横向きで認証することはできませんでした。認証エラー自体が起こっていないため、横向きでは人間の顔自体を認識しないと思われます。机の上に置いて横向きのゲームを遊んでいて、ロック後、再び遊ぼうと横向きのまま解除したくなることがあると思いますが、その時は一度縦にするか、パスコードで解除となります。

FaceIDには機械学習が取り入れられており、使えば使うほど精度が増し、また人の自然な成長や老化にもついていけるとあります。まぁ、顔が明らかに見て分かるほどに変わる前に、本体を買い換える人がほとんどでしょうけど。とりあえずこの機械学習は実際に効果があるようで、購入してから数日の時点でエラーが減りました。登録直後はメガネなしだとエラーがちょっと多めに感じたのですが、それも1日以内に解決しました。まあ、単純に私自身が扱いに慣れただけの可能性もありますけど。

ロック解除の手順自体には不満がありますね。従来よりも手間がかかります。ここは慣れても絶対に時間がかかります。

20171105231327
顔を認証した時、ロックは解錠されるけど解除されないのですね。
鍵アイコンがクイっと動いて解錠されたことを教えるだけです。手で上にスワイプしてやらないと、ロック解除してホーム画面までいけません。

従来のTouchIDには「解錠」という状態は存在しませんでした。画面が消灯されていなければ、TouchIDに指を載せるだけでホーム画面が表示されます。傾きセンサーによって、人が普通にスマホを持つ状態になると自動的にロック画面が表示されますから、ポケットからTouchIDに指を乗せながら取り出せば、顔の前に来る時には既にホーム画面が出ているという状態、実質的にロック解除時間は0秒でした。机の上に置いた状態でも、指紋を登録してある指でホームボタンをポチっと押せば画面が表示されると同時に解除されるため、やはり0秒みたいなもんですね。
そんなわけでどんな場合においても、顔を見て解錠し、更にスワイプして解除を要するFaceIDでは、従来よりもスピーディーにロック解除を行うことはできません。

また机の上に置いてる場合、ホームボタンがなくなった以上はロックボタンを押さないといけないのですが、ロックボタンは側面にあるため、反対側に指を添えて掴む形で握らないと押すことができません。ホームボタンなら親指で真下に押し込めたので、正面にボタンがないのって地味不便な気がします。これは何年も前にAndroid端末で正面から物理ボタンが消滅した頃から感じていた不便さで、私がiPhoneしか買わなくなった理由の一つだったりするんですけどね。ついにiPhoneにもこの時代が来てしまったなぁと感じます。
とりあえず、FaceIDでは解除に時間がかかるのは地味ぃ~に不便なので、最低でも「解錠=解除」にして欲しいですね。そもそもなぜ急に解除せず解錠だけ状態を挟むようにしたのかがよくわかりません。

iPhoneX発表前のウワサ話では、画面全体に指紋認証を入れようとしていたけどコスト高すぎて断念とかもありましたね。もしかしたら近い将来、1年、2年後のiPhoneX-2(仮)とかでは、指紋認証も復活して好きな方を選べるようになってるかも知れません。そうなったら私は指紋に切り替えるかなと思います。指で触って操作するものなら、その指で認証するのが一番手っ取り早いですからね。FaceIDは慣れれたら決して不便ではないけど、指の方がより便利。

カメラの出っ張りは気になる

これはiPhone6の頃からの悩みなのですが。カメラが出っ張り続けてるんですよね。それでもiPhone7では背面のアルミ素材をカメラリングと一体化させてかなり違和感を減らして来ましたが、iPhoneX(8含む)ではガラス素材になってしまった結果、また90度の角度でドーンと出っ張る形になってしまいました。

この形状はただキモいとか、角に傷が入りそうとかだけでなく、90度の凹みに汚れが溜まっていきます。布でさっと拭いただけでは、こういう凹みの汚れには届かないんですよね。地味ぃ~にスマホ汚染の原因になってる部分なので、綺麗好きな人は定期的に水洗いした方がいいでしょう。

その分カメラは超きれい

近所でしか撮影していないという都合から、実際の写真については差し控えますが、超きれいですね。発売日に重なった三連休、近所の公園で紅葉を撮影してみましたが、有機ELのビビッドな発色とも相性が良く「ここまで来たのか!」と感銘を受けました。これまで私はiPhoneを4→4s→5→5s→6→6s→7と買い替え続けて来て、その間ずっと「順当に良くなっていってるね」程度の印象しか抱いて来なかったわけですが、Xではその進化に驚きました。こいつは凄い。これだけ綺麗なら出っ張りカメラも我慢できるかも知れない。

みんなの手の中にあるスマホのカメラでここまでのものが来ると、コンデジはいよいよ本当に不要な時代になってきますね。ただまぁ、私は古いiPhoneを下取りに出して買い替え続けるという都合上、新しいiPhone本体を撮影するものがないという致命傷を受け続けてきているので(↑の写真はiPadで撮った)、個人的にはコンデジ欲しいんですけど。iPhone本体を撮影するためだけに。

20171106003818
地味な変化としては、ようやく(?)自動HDR設定ができるようになりました。この設定時にはカメラ撮影時にHDRオンオフのボタンが表示されず、HDR撮影できる場合は必ず撮影するようになってるようです。
これまでのiPhoneはオンオフが手動で、設定が保存されず一々オンに戻すとかしていた人も多いと思うのですが、やっと自動で原則オンとなりました。まぁiOS11からは設定を保存できるようになったんで、HDRも保存されてたと思いますけど。

iOS11.1時点ではUIに不自然な部分が多々ある

これはソフトウェア部分なので将来的に解決するとは思うのですが、現時点では一部のUIに不満や、不自然な部分があります。

20171106004739
iPhoneXでは上部にセンサーのためのがあるので、ステータスバーが狭く、その関係でUIが変化しました。例えば電池残量のパーセント表記は普段は表示されませんし、時計を左上に移動した結果、電波系のアイコンが右に移動しました。これらの情報はコントロールセンターを表示した時に全部表示されるのですが、その時の配置は従来のアイコン配置になります。ついでに時計は消えます。
右上にあった電波系アイコンが、フル表示なると右上にワープする。これは無駄な視線移動を要求してUIとして違和感があり、せっかくUI位置を変更したならばずっと右上に集中させて表示した方が自然だと思います。ここだけ従来の配置を残す方が不自然。あと時計消さないで。ジョブズが生きていればここはこだわったんだろうなとか、ついつい思っちゃいますね。

ホームボタンがなくなったことで、ホームボタンを使う操作は画面上での指操作に切り替わったわけですが、そこでも謎の変化があります。
まずホームボタンは、画面下部にある変な横棒エリアで↑フリックに置き換わっています。そしてその↑フリックをちょっと大きめ、具体的には横棒エリアを超えるまでフリックしてから指を止めると、従来のホームボタンダブルクリックでのタスク切り替え画面になります。そのままいつも通りの感覚でアプリを終了させようと、アプリを↑フリックすると、ホーム画面に移動しちゃいます。

20171106010220
アプリを終了させるには、画面長押しで終了ボタンを表示させ、その状態で↑フリックか、終了ボタンをタップします。この変化って意味あります?
なんのためにこんな一手間かかるようにしたのか意味不明なので、ここはどうにかしてほしいですね。まぁそもそもMacOSってアプリは明示的に終了させない限り終了しないので、Windowsユーザー的な考えでiPhoneを見るのがおかしいのかも知れませんが。私は不要アプリはさっさと完全終了させたい派なので、純粋に操作時間が増えて嫌です。

ホームボタンダブルタップで画面を下にズラす操作は、横棒エリアを↓フリックになりました。
下端にあるものを↓にフリックするのは地味に難しいので、これは一度上に持ち上げてから下へ落とすとやりやすいです。

こんな感じに。
ただこれも、横棒エリアをダブルタップにして欲しいと思いますね。現状、横棒エリアにダブルタップ操作は組み込まれてないので、わざわざ別の操作にした理由自体が正直よくわからないレベル。
変えて欲しい理由としては、それはもう利用状況を想定してるとは思えないからです。そもそもこの画面を下にズラす操作は「片手で使ってる時に上の方のボタンを押したい」時に使いますよね。両手で使ってる時なら普通に上に指伸ばしますから。で、片手操作でこの↓フリックっていうのが地味に難しいんですよ。なんせ斜め下方向になると反応しないので、垂直に下ろす必要があるんです。iPhoneX買った人、片手で試して下さいよ。どう考えても使い勝手悪いですから。ジョブズが生きていればここはこだわったんだろうなとか、ついつい思っちゃいますね。

結局のところ、iPhoneには3Dタッチがあるのに、この新しい操作に3Dタッチを一切入れてないのが、全体の違和感を生んだ原因なんでしょうね。謎の横棒ではなく仮想ホームボタンを用意し、3Dタッチで押すようにすれば、ホームボタンクリック、ダブルクリック、ダブルタップ、全部の操作をソフト側で再現できるわけですから、やろうと思えば簡単にできたと思います。まぁ、将来的に3Dタッチを搭載しない廉価版のフルディスプレイモデルという可能性まで視野に入れて設計した結果がこれなんでしょうけども。現時点ではUIの完成度が低いなとどうしても感じてしまいます。

これからの10年を感じさせる端末だと思う

近年では先進さに欠け、Androidの後追いになっていると言われていたiPhoneのイメージは、先進さの塊であるフルディスプレイがイメージを払拭しました。ちょうど出かけ先で人と話をする機会があったのですが、「あっ!もしかしてそれ!」と、パッと見でiPhoneXだと気付かれ、iPhone6も6sも7もマニアじゃないと見た目から変化わかんねーよっていう状態を脱したことを実感しました。日本では特にiPhoneの人気が高いので、持ってるだけで目立つiPhoneXは、更に人気を後押ししそうです。

総評としては、ジョブズの死後、進化が停滞していると言われているiPhoneが、良い意味で「新しいことにチャレンジ」をスタートしたのがPhoneXだと感じます。全体的には満足度が高い中に、一部一部の細かいところで不満や改善点が残り、今後これを解決しながら進化していくんだろな~という期待感を抱くのは、iPhone3GSの頃に似た印象ですね。「来年のiPhoneはもっと凄いんだろうな~」と次への期待感・ワクワク感を抱くのは凄く久しぶりの感覚で、少なくともiPhone5sの頃には全く感じなくなっていたものです。

この感覚、一歩間違えると「結局のところ未完成品ってことじゃん」になるので、ほんと絶妙なラインなんですよ。無難に固めすぎると今度は「進化止まった」になってしまい、それがiPhone5sから私が感じていたものです。大きな不満なく、むしろ全体的には大満足で、それでいて改善するともっと良くなるという部分があって初めて生まれるのが、今回の感覚です。iPhoneXは未来を感じさせてくれました。

コメント

  1. A より:

    お前クソだなwww

  2. 匿名 より:

    リキカスの最後のお便りについてのなるせさんの批評が聞きたいです
    気が向かれたらお暇なときにお願い出来ますでしょうか

    1. 管理人 より:

      Ricleey!

  3. 匿名 より:

    💩

コメントを残す