PS4

ドラクエ11 中間レビュー

先週末に買ったドラクエ11。
一通りプレイしてエンディング見てからレビュー予定でしたが、思ったよりプレイ時間が重なってきたので、ここらで一度中間レビューとします。

20171024000533
現在のプレイ時間は55時間。ストーリー的には空を飛べるようになりました。
もう一度書きますが、ストーリー未完了状態でのレビューであることに注意して下さいね。最終レビューは、必要であればストーリー完了後にまた書きます。終わっても今と評価が変わらなければ書きません。

ではレビューへ。

続きを読む

メルカリでイレブン珍宝をもらってきた

amarec (20171014-163102)
メルカリで取引を重ねた結果、ポイントとか溜まってちょっとした金額のものなら0円で買える状態になったので、イレブン珍宝ことドラクエ11を買ってきました。
購入後真っ先に出品者から「初回特典のアイテムコードあるって書いてたけど使ってた。それでいいなら発送する」とメッセージが来て、流石はメルカリだなと思いながらも、別にあんなものいらないので了承し、翌日届きました。

ドラクエ11は「絶対に買う」→「うわプロデューサー齊藤陽介かよ、中古で買うわ」→「うっわ珍宝2じゃん。980円でもいらねーわ」と前評判で動いてきたわけですけど、実質無料なら遊んでやってもいいかなという感じですね。さて0円に見合う面白さはあるだろうか。

amarec (20171014-163634)
電源入れて真っ先に謎の画面が登場でビックリ。
普通はゲームの明るさ設定って「このアイコンは見える、こっちアイコンは見えないように設定してね」という指標があると思うんですよ。こんな洞窟の入口の画像を1枚ポンっと表示して「遊びやすいと感じるように設定してね!」と言われて、設定できる人なんているんだろうか。流石は齊藤陽介。

amarec (20171014-164422)
あ、主人公の名前はリックレイにしました。私のゲームレビュー記事は「クリアしてから書く」のが基本なので、今回はここまで。これからリックレイの冒険を楽しんできます。

ウィッチャー3は人類の到達点なのでぜひ買いましょう

20170924184109
ウィッチャー3を購入して1ヶ月半が経ちました。メインストーリーのエンディング自体はおよそ一ヶ月前に見ましたが、ようやく「だいたいやることがなくなった」程度までプレイしました。私は周回プレイをするスタイルではないので、ひたすらにやり残したクエスト(の中で気になるもの)をやったり、ダウンロードコンテンツのお話を見たりしていました。

20170925220130
プレイ時間は99時間。メインストーリーのエンディングを見た時に68時間だったので、DLCや残ったクエストが31時間あったみたいです。

2015年発売のゲームなので少し今更感はあると思いますが、ここでレビューといきましょう。

続きを読む

【悲報?】ドラクエ10スイッチ版、キーボード動作保証なし

よくあるお問い合わせが更新され、凄まじいものが追加されました。

20170614020318
一言で言えば「動作するとは思うが保証はしない」ですね。
スイッチのハードウェア仕様として、キーボードを利用するためのAPI的な何かが用意されてないとかなのかな?

20170614020846
またPS4版では、スクエニアカウントとSENアカウントのリンクが必要で、一度リンクしたら二度と解除できないという謎の仕様まで発表されました。
つまりPS4で複数アカウント利用したい場合、別のハードのようにスクエニアカウント入力画面からやり直すのではなく、PS4へサインインするアカウント自体を切り替える必要があります。めんどくさ!

PS4版は値段設定が高い上に個別課金で別ハードと並行して遊びづらく、アカウント紐付けしたら解除不可能。
スイッチ版はキーボード動作保証なし。
なんかドラクエ10の現行ハード版、発売前からグダグダですねぇ・・・。

NieR オートマタの感想

C5qcO90UoAEdajH
現在の進行状況は、ルートA・Bのエンディングを見て、ルートCに入ったところです。
現時点での感想をば。

内容は期待通りの100点※ただし人にオススメはしない

得点をつけると、満点です。19800円でも買って損なしです。
発売日時点でのバージョンではフリーズバグがありましたが、1.03からは大幅に修正が入り、フリーズはほぼ解決しました。

ただし!
満点ですが、NieRを人にオススメしたいですか? と聞かれると真顔でそれはないと言えます。これは前作も同様です。

NieRがどんなゲームか簡単に紹介すれば、胸糞悪くなる設定や欝になりそうなシナリオ展開が数多くあり、それを「だがそれがいい」と好める人には、大変強く好かれるゲームです。世界設定が強く練り込まれており、いわゆる設定厨として「これどういう裏設定あるんやろか」と考察しながらプレイするととても楽しめるでしょう。
言葉の裏に隠された感情までしっかりと考えながらストーリーをじっくり味わいたい人にもまた、向いているでしょう。「物語」というものは基本的に主人公が正義となりますが、敵対する悪には悪としての正義があり、悪から見れば主人公こそが打ち滅ぼすべき悪ですよね。そういった多角的な視線で一つの物語を見ていく人にも、とても合うでしょう。「一つのストーリー」を登場人物A、登場人物B、両方の目線でプレイすることもあるので、物語全体を俯瞰して考察できます(基本的に全て説明してくれるので、自分自身が深く考える必要なく「そうだったのか」と考察してるつもりにさせて貰えるのもまた良いところ)。

しかし、ゲームにそういったことを求めない人も多くいるはずです――むしろそのほうが多いかもしれない――。
例えば某無双ゲーのような「頭空っぽにしてボタン連打で雑魚狩りを楽しみたい」を求めてNieRをプレイすれば、全く楽しめないでしょう。狩られる雑魚敵の感情「命令で戦場に来たけどなんか無敵のヤバい奴が襲ってくる!ひいいい死にたくねぇよおお!おかあさあああん!!(スタイリッシュ無双攻撃によって死亡)」とか一々描画されたら、気持ち良く狩れなくなりますよね。NieRはそれを見せるゲームです。
RPGのダンジョンのボスがなぜ主人公を襲うのか。それはダンジョン攻略中に惨殺した雑魚敵が実は「ボスの子供」であり、ボスから見れば「急に家へ押しかけてきた極悪人が子供を殺害した。許せない。仇討ちだ!」という至極全うな理由があったりし、ボス側目線で見たら主人公はただの悪ですね。NieRはそれを見せるゲームです。

ゲームに何を求めるかは個人の好みの違いであって、何が良くて何が悪いかという優劣はありません。ただ、NieRの内容は求めない人にとっては「面白くない」ではなく「不快」になるので、決して万人向けとは言いがたいのです。ドラゴンクエストとか真逆ですよね。とりあえず皆がそれなりに好きになれることを目指す王道風ですから。

そんなわけで、私は好きですが、人には絶対にオススメしません。いやこれはたぶん私に限らず、NieRファンほど「好きだけどオススメはできんわ」となるのではないかと思いますね。そういうゲームが前作であり、今作も期待通りにそういうゲームでしたから。極端な話、「ニーアオススメです」なんて言う人は気が狂ってるか、裏で宣伝広告費貰ってると思ってもいいレベルですよ。

もちろん、それでも興味が出たよって人は、ぜひ遊んでみて下さい。きっと後悔しません。
ちなみに、BGMに定評のある作品でもあるので、個人的にはPS4より高いスピーカーでBGM大きめでプレイして貰えると、更に魅力が高まるのではないかと思います。

でも売り方には疑問が残る

NieRは決して万人向けのゲームではなく、8割の嫌いと2割の超好きに分かれます。それなのに、なぜか売り方は全体的に大作アクションRPGみたいな宣伝がとられているように感じます。そこら中でやたらと爽快アクションゲーみたいな宣伝広告を見かけますし、プレイヤーキャラの一人2Bのパンツ――正確にはレオタード――ばかり語られていますね。それを期待して買うと普通に騙されるからご注意下さい。まぁ、悪い言い方をすれば売り逃げてさえしまえばこっちのもんなので、商売的には間違ってないのかも知れませんけども。前作をかなり気に入っていた身としては、内容で十分に勝負できる作品だと思うので、騙し売り逃げで合わない人に売りつけるのは、作品の価値を逆に落とすんじゃないかと思っちゃいます。

C5qcelnU0AEazT9
またAルートを終えた時点で、このゲームは周回ゲーだから!!という念押しをわざわざメッセージ表示するのは、正直、浅ましさを感じました。ゲーム内容自体に影響はないのですが、このメッセージで「それAルートだから!まだ終わってないから!スカスカとか言うなよ!」みたいなことを感じてしまうんですよね。FF13の「売らずに手元に残せばいいことあるぞ→何もなかった」みたいな。

ニーア オートマタ - PS4
スクウェア・エニックス (2017-02-23)
売り上げランキング: 2

 

最後にちょっとネタバレになるかもな内容。

 

C5qcGh8VMAIsUr9
ルートC最初の方のここ、イノシシが吊橋に突っ込んで動かなくなったのがなんかもう「ふぁーwww」でした。
プレイした人ならわかると思いますけど、このシーンってジャンプも攻撃もできないんですよね。頑張って押して無理矢理ねじ込む形で進めましたけど・・・。ここは下手したら詰みポイントになりそうで怖かった。

GravityDaze2をエンディングまでプレイしました

20170129233512
サイドストーリーの全てとストーリーをクリアしました。

20170129233521
ここまでのゲームプレイ時間は32時間。なんか4回ゲームオーバーしてた。
サイドストーリーは全て進めながら、その他のやりこみ系チャレンジミッションは放置して進めてこれなので、コレクション集めたり、チャレンジミッションそれなりにやったりとして、「やることがなくなるまでのプレイタイム」なら40時間は余裕で超えるでしょうか。なかなかの大ボリュームな印象ですね。

1のストーリーが説明不足多く消化不良だったことのと比べると、今回はストーリーがかなり重視されている印象。それなりに、伏線はほぼ回収できたのかな、と思います。キトゥンの過去、塔の上に何があるのか、などの基本的なものは全て回収されて、あとまぁ細かい部分は私自身が1のストーリーを覚えてないためによく分からず。

減点方式で100点満点で評価すると、90点といったところでしょうかね。
減点部分は、ストーリー関連で2箇所のみ。
まずストーリーの終盤付近で「ちょっとなげーよ!」って言いたくなる部分があって、-5点です。
またストーリー自体が、「1をやってないと意味不明すぎでは」と感じました。ほぼ忘れたとは言え1を最後までプレイしていた私ですら説明不足を感じたので、完全初見だとどうなんだろうなぁ、と心配ですね。2から始める人や、私みたいな忘れた人のための回想説明がもう少し欲しかったということで、-5点です。

上記以外は全て満足の一品に仕上がってますので、3D酔いしないタイプの人なら買って損なしという評価で確定です。

 

【PS4】GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-12-10)
売り上げランキング: 193
GRAVITY DAZE 2 初回限定版 - PS4
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-01-19)
売り上げランキング: 7