PC

Windows10のGameDVRでゲーム録画ができなくなった時の対処法

20160612130049

Windows10にはGameDVRという機能があり、XboxOneコントローラーを使用している人ならばXboxボタン、そうでない人でもWindowsキー+Gを押すことで、いつでもゲームバーを呼び出せます。

ゲームバーからは、スクリーンショット撮影やゲーム録画、ちょっとした設定が出来ます。
ショートカットキーとしては「Windowsキー+Alt+PrintScreen」でスクリーンショット、「Windowsキー+Alt+R」で録画ですね。設定次第では、直近xx分を常時録画しておき、必要な時にそれを別ファイルとして確保することもできます。
ほぼOS標準の機能であるため、わざわざキャプチャソフトを用意する必要がないのが最大のメリットでして、ちょっとしたクリップ動画撮ったりするなら十分すぎるほどの機能があります。

 

 

で。この録画機能、時々壊れます。原因はわりとかなり不明です。私も過去に3回ほど壊れました。
ゲーム側の更新で壊れることもあれば、Xboxアプリの更新で壊れることもあるようです。ある時急に動かなくなり、またある時急に動くようになります。動かない時でもスクリーンショットの撮影は可能な場合がほとんどで、録画をしようとした時だけ、録画できるものがないと怒られてしまいます。

壊れた時は、だいたいの場合、Xboxアプリの再インストールで復活するようです。
が、一般ストアアプリと違ってOS標準で含まれているアプリなので、アンインストール方法がちょっと面倒。ので、備忘録ついでに書いておきます。

 

WindowsPowerShellを起動する

20160612132501

スタートメニューで「power」と入れたら検索候補として出ると思います。
右クリックから、管理者として実行をしましょう。

 

20160612132629

get-appxpackage *Microsoft.XboxApp* | remove-appxpackage

と入力してエンターキーを押します。これでアンインストールされます。

一度PCを再起動(しなくてもいけるかもしれませんが、一応)。
ストアから「Xbox」アプリをインストールで完了です。

 

20160612133001

「xbox」で検索候補したら普通に出ます。

ホームフロント the Revolution のプチ感想

Homefront_ The Revolution 2016_05_21 15_29_32

プレイ環境はPC版(=英語音声・日本語字幕)。設定はGTX970で快適に動く範囲で、ある程度グラ設定高めたもの。解像度3440*1440は4k一歩手前と負荷が高く、GTX970だと最高画質は無理なんですよね。無理ってわかりきってるから試したこともないけど。

 

トータル評価としては4980円レベルでしょうか。
ドラクエ10を基準に考えると45倍くらい面白いです。アサシンクリードをFPSでやってるような感覚。
ただ、オープンワールド系によくある「マンネリ化する」がわりと早い段階で訪れます。ストーリーまだクリアしてない段階でこれはかなり飽きが早い。私はわりとオープンワールドに合わない体質で、すぐマンネリを感じるって前提もあるんですけどね。(合わないゲームをやるなよというツッコミはナシでお願いします。すぐマンネリ感じるけど最初は面白いんです。)

マルチというかCOOPはまだしてないし、FPSはCOOPより対戦の方が好きなので、COOPする気は最初からなかったりします。だからこそPC版買ったんですけどね。一人で遊ぶだけならば、21:9のカーブモニタで遊ぶ臨場感がとても良いんです。いやほんと21:9はいいですよ。視界の外まで画面がありますから。もうこれだけでどんなゲームも面白いかもしれない。ただ、視界の外まで画面があるために、プレイはかなり下手になります。隅っこに何か来ても気づかない。そのためCOOPや対戦モノでは人の足を引っ張ること間違いなしです。

 

Homefront_ The Revolution 2016_05_21 15_30_50

というわけで一人でストーリーだけ楽しむ目的で購入という前提で、4980円の価値です。
Steamとかの評価を見ているとわりとかなり低いので、FPSとして見るとかなり地雷ゲーなんじゃねって思います。私は一人でストーリー楽しむ目的で購入したため、4980円の評価です。

 

あれ、ここまで書いて、具体的なゲーム内容に触れることができていませんね。ほとんどモニタのアス比のことしか書いてませんね。うん、レッドゾーンでは移動して銃撃戦して拠点ゲットを繰り返すだけだし、イエローゾーンでは隠密行動で移動して拠点ゲット繰り返すだけだし。それ以上特に何か言おうにも・・・同じこと繰り返すゲームなので・・・。

【ドラクエ10】バージョン3.2後期クリア

20160316205907

帰宅する → とりあえずログインしてこもれびの広場まで行く → 晩ごはん食べたりお風呂入ったり普通の生活をする → 画面の前に行くとすれ違い達成済み

 

1エリア最大収容人数1000人、1000人限界まで詰め込むと不具合起こるので実際にはもうちょっと少ない時点で入れなくしているはずなんで、社畜タイムに行けるかどうか少し心配でした。が、早めに行って放置なら問題ないようですね。

IEのクソにやられた

簡単なWeb技術なお話

<select>
    <option>A</option>
    <option>B</option>
    <option>C</option>
</select>

ただのセレクトボックス。Bの選択肢は非表示にするか~と思ったりした時どうしますか。
IEではoptionをCSSで非表示(display:none)にするのは動かなかったと思います。そのためhiddenを付与するのが一番シンプルなのではないでしょうか。

 

HTML 5 <option> Tag
http://www.quackit.com/html_5/tags/html_option_tag.cfm

optionのhiddenは、HTML5ではGlobal Attributesとのこと。うん、問題ないはず。
というわけで何も考えずボーンとhidden付与。

 

<select>
    <option>A</option>
    <option hidden>B</option>
    <option>C</option>
</select>

Chromeだと選択肢Bはしっかりと画面上から消え去ります。でもIEだと消えません。CSSの非表示がダメだからHTML5にしたのに、まさかのダブルアウトですよ。こんな単純なものでずっこけるとは予想すらしておらず、私の請け負っているWebサービスではこれちょっとヤバいなって緊急対応が必要になりました。対応内容としては、非表示は諦め、非表示にしたいイベントが起こったらjQueryで項目ごと削除するようにしました。消せば確実という判断。

※私はプライベートではFirefoxユーザーですが、お仕事のWeb開発では基本的にChromeをベースにしています。

 

あと、凄くどうでもいいけど、なんで私は急にフロントエンドのお仕事してるんですかね。
私、フロントエンドとは真逆の方のお仕事をすることが多いんですけど。Webはセキュリティを考えないといけないので仕事でやるのはダルいんだよなぁ。。。

KB3140743によるXboxコントローラーの不具合の続報

コメントでも指摘を頂きましたが、どうやらXbox(Oneだけ? 360も?)コントローラーを使用時に発生する不具合のようですね。

またこのアップデートは、アップデートを自動でしない設定にしても勝手に落ちてくるというふざけた仕様でした。
勝手に落ちてくるたびにアンインストールすればいいのですが、それは流石に面倒です。流石に不便なので海外のフォーラムを漁ってきました。

Windows 10 Update KB3140743 Breaks Xbox One Controller Support
http://forum.halomaps.org/index.cfm?page=topic&topicID=49128

どうやらこの更新は、Windows10のデフォルトのXboxOneコントローラのドライバをぶっ壊しているようです。
解決策として、古いXboxOneコントローラードライバのインストール方法が紹介されていました。

Download old drivers from here: http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/search.aspx?q=xbox%20one%20controller. You’ll need to use Internet Explorer to access that link. Make sure you download the second one in the list (filesize 1.5 MB).
Extract the downloaded .cab file into a folder of your choice.
Go to Device Manager and scroll down to the Xbox Peripherals section. If you’re using default drivers, the device is named "Xbox Controller". Right-click > Update Driver Software… > Browse my computer… > Let me pick… > Have Disk… > Browse… > Navigate to the folder where you extracted the driver package and select xb1usb.inf. You should now see "Microsoft Xbox One Controller" listed in the Model column. Select it and click Next.
Let the driver install. Your controller may or may not give a rumble of approval. To verify that it installed correctly, look in Device Manager in the Xbox Peripherals sections. Your controller should now be named Microsoft Xbox One Controller instead of Xbox Controller.
Launch Halo and test

これは個人的に微妙だなと思いました。なんか根本解決感がない。

ふと、思ったのですが、もしかしてXboxOneコントローラー側のドライバが、新しくなったKB3140743版ドライバに対応してないのではないでしょうか。というわけでXboxOneコントローラーの更新を試しましょう。
XboxOne本体を持っている人はそこからでも出来るのですが、残念ながら普及率が死んでるため、PCから行います。

 

Xboxアクセサリーをマイクロソフトストアからダウンロードします。

image

 

実行するとこんな画面が出ます。

image

「更新が必要です」をクリックすれば更新されます。

・・・が、これでもまだダメなようです。(もしこれで解決したという方、いましたら環境をお教え頂ければ嬉しいです)
更新しておいて損はなかったとは思いますけど、結局解決しなかったのでは意味ないですね。

 

 

ひとまずは旧ドライバのインストールで対処し、問題が解決したことは確認できました。
※PCの再起動は行うこと。

以降にはその手順を簡単に説明しておきます。手順を確認しながら進めたい方はご参照下さい。

 

続きを読む

凄くいいモバイルゲーミングデバイスになりそうなGamePadDigital Win

GPDというメーカーをご存知でしょうか。
あまりご存知でない人も多いと思います。私もわりと最近までご存知じゃなかったです。

 

20160307001112(1)

GPD Game console;Game box
http://www.gpd.hk/index.asp

イメージ的に言えば「ゲーム用Androidタブレット」を作っているメーカーですね。
社名にGamePadとかあるくらいですから、その名が示す通りゲーム用途を念頭においた設計となっており、思いっきりゲームパッドを内蔵しています。一部のサイトでは3DS風とか紹介されていました。(下画面ないけど)

 

ただまあ、公式サイトを見ると、マ☆オやらクラ☆ドやらの有名なキャラクターがビッシリ。

20160307001112

OSはAndroidなのでもちろん全部エミュレーター動作のはずでして、これは果たして許諾を得ているのかどうかとか想像するだけで色々と恐ろしいんですけども、一応まあ、その筋にはそれなりに便利そうなデバイスという雰囲気です。(ゲームROMの違法ダウンロードはやめましょうね!)

 

さてそんなGDP、Windows版を出すようです。もちろんWindows10 Mobileではなく、x86のフルWindows10です。
フルWindowsであることのメリットは、原則としてスペックが許す限り全てのPCゲームが動作することですね。正規に。正当に。合法的に。

 

ilrnh1ycxv1t9gbsjdhn

キーボードやらジョイスティックやらD-Padやらをフル搭載した折りたたみ式モバイルPC。
ニッチな需要を見事に突いてる感溢れます。

今回のWindows版のリリースでは、クラウドファンディングサイトINDIEGOGOにて出資を募っており、送料込み299ドルというかなり安い金額設定です。今後正式に商品化した場合は499ドルを予定しているということで、200ドルオフですね。国際便の送料まで考えると半額に近いでしょうか。

https://www.indiegogo.com/projects/a-laptop-fitting-in-your-pocket–2#/

 

スペックをざっと並べるとこんな感じ

ディスプレイ 5.5インチ 1280*720
チップセット Atom X5-Z8500(Z8550の安定した供給元が見つかればそっちにする予定らしい)
メインメモリ 4GB
内蔵ストレージ 64GB
内蔵バッテリー 6000mAh(公称6~8時間)
内蔵ゲームパッド (Xbox360モードとか表現してるため、おそらくXinputですね)

この中でも特に私が気に入ったのが、ディスプレイ解像度が無駄に高くないということ。
グラフィック性能の低い持ち運び用デバイスで、高解像度を頑張ってゴミ化するより、解像度は無理なく抑えた方がトータルでバランスの良い性能になります。ここらへん、流石はゲーム用といったところでしょうか。
例えばドラクエ10の場合、これはゲーム側がゴミなのですがUIが1280*720を前提に作られており、それ以上に設定をするとバランスが最悪になります。そのため私はメインデスクトップですら1280*720でプレイしています。
メインデスクトップの場合はディスプレイ自体が大画面高解像度なので、ウインドウ表示でいいのですが、今回のGPDのようなデバイスでは、やはり全画面表示が前提となります。そうすると、高解像度ディスプレイに1280*720を引き伸ばすより、ディスプレイ自体が1280*720で等倍表示した方が綺麗に映るんですね。モバイル用のゲーミングマシンとしてかなり良さそうです。

 

質疑応答もいくつか確認したところ。

Q:日本の技適取ってくれる?
A:とります(予定)

Q:ウェブカメラつけてくれない?
A:予算上無理。

Q:OSは64bit?
A:64bit

Q:4G版ある?
A:今回は無理だけど次世代の「GPD WIN 2」では頑張る

Q:ディスプレイ解像度上げて
A:今回は1280 720の方がいい

Q:白あるの?
A:リリース後には出す(=499ドル)

とか色々。技適を取ってくれるらしいので、日本国内での仕様も安心ですね。
あ、私がざっと流し読みした程度なので、訳が間違っている可能性もありますよっと。

 

本記事執筆段階で目標額の150%を達成しており、出資者への出荷予定は10月とのこと。お手元に届くのは11月。
質疑応答とか出資者一覧とか見る限り、わりと日本のユーザーも出資してますね。私も299ドル出資してみようかな。

ちなみに1470ドルで5台(=単価294ドル)、2890ドルで10台(=単価289ドル)のプランもあります。
お友達同士で一緒に出資する形で買えば、よりお安く手に入ります。