iPhone

Tweetbot3で3G LTEでのストリーミングを有効にしようのコーナー

数多のTwitterクライアントの中でも、特に人気の高いクライアントの一つがTweetbot。私も愛用しております。
ここでサッとAppStoreへのリンク貼って紹介してアフィリエイト収入を狙うというのがわりと一般的なものだと思うんですけども、当サイトはAppStoreのアフィリエイト審査に落ちてたりするので(再審査要求もしてないんですけどね)、リンクはなしです。

 

20140203061203

さてTweetBotにはストリーミングって機能がありますよね。
このストリーミングが一体どういう機能か。簡単に説明しておくと、リアルタイムに自動で新しいツイートがポンポン出てきてくれるやつです。

便利なので多くの人が使っている機能だと思うのですが・・・ここに一つ問題。

 

20140203061415

大人の事情なのか電池の都合なのかは知りませんが、TweetBotではWi-Fi接続時にしかストリーミング有効にならないんですよね。これは不便。
電池持ちはどうでもいいから、3G LTE接続時にも有効にしたい! と思う人は多いでしょう。

というわけで、有効にしてみようと思います。

続きを読む

iPhone5s JB後にしたことまとめ

基本的に「なくてもいいけどあれば便利」程度のことしかしないため、誰でも知ってそうなTweakばっかりなんですけども、
一応したことをぽちぽちとまとめておきます。

 

続きを読む

いつの間にかiPhone5s対応のJailbreakツールが出ていた

いつの間にか出てました。

evasi0n iOS 7.x Jailbreak – official website of the evad3rs
http://evasi0n.com/

OSはiOS7.0~7.0.4までに対応。
iPhone4 4S 5 5c 5s全てに対応してるそうです。iPad系もAirやmini Retinaまで対応。
そんなわけで、こちらのツールを使用することでiPhone5sのJailbreakが可能となるはずです。
CydiaアプリのiOS7対応は待っていればそのうち順次対応されていくでしょう。

ただ現在のところ、最も基本的な機能の一つMobile SubstrateがiOS7に非対応+αの注意点が多いみたいです。
Mobile Substrateがいったい何なのかっていうのについては多くは語りませんが、超絶簡単に説明すればアプリの動作を改変するのに使われるものです。もうそれだけでとっても一般的な機能ってわかりますね。
まず、A7 CPU系(iPhone5sなど)では完全に動作不能。
A7以前のCPU系では「再起動をすると無効になる」みたいです。そしてCydia上からMobile Substrateを再インストールすると再度有効化、再起動すると無効化。再起動しないって心がければ一応A7以前のデバイスなら使えるって感じですかねえ。

 

とりあえずJailbreakしてみようと思います。

 

続きを読む

iOS7 betaを体験してみよう

フラットデザインへの大幅な変化を遂げるiOS7。良い意味でも悪い意味でも楽しみですね。
というわけで一足先にβ版で体験してみたいと思います。

注意
β版なので不具合など多数あるものです。
真似したい人は真似してもOKですが、その結果何があっても泣かないようにしましょう。
あとリアルマネーかかります。

続きを読む

iOS6.0.1提供開始

されました。
iTunesから、もしくはOTAでアップデートできます。

アップデート内容でも特にポイントとなるのは

iPhone でモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題を解決します

これでしょうか。3GやLTEが繋がらなくなる不具合が解消されます。
うちのiPhone5もある特定の条件(そう難しくなく日常利用で満たすことができる)の時にLTEに繋がらなくなる不具合があり、端末再起動してました。たぶんこれで解消されるのかな、と。

 

20121102075859

というわけでアップデートしてきたら自宅でLTEが繋がるけど繋がらないレベルになりました。
元々ギリギリ圏内だったのでまあこの表示が普通だと思います。

【Softbank】LTE通信量無制限撤回、月々約1.2GBまでとなりました

ソフトバンク iPhone 5の良いところを教えてください。

 

20120925192105

昔のソフトバンク

パケット定額で安心!
・「4G LTE 定額プログラム」で速度制限・超過料金なし、5,460円で永年利用可能

 

20120925192202

今のソフトバンク

パケット定額で安心!
・「4G LTE 定額プログラム」で超過料金なし、5,460円で永年利用可能

速度制限なしの文面が消滅しました。
では何GB制限なのでしょうか。

 

ご利用の際に制御することがあるコンテンツやサービスについて | ソフトバンクモバイル
http://mb.softbank.jp/mb/information/details/101112.html

20120925194605

20120925193017

LTEに関する部分がこの二点です。
ではソフトバンクiPhone5のパケットプランがどれになるのか。

 

iPhone 5 のお支払いイメージ│料金・割引│ソフトバンクモバイル
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/norikae/tethering/

※2    4G LTE 定額プログラム適用の場合。

    詳細はこちら
※3    テザリングサービス開始後、パケット定額料は「パケットし放題フラット for 4G LTE」となります。

        毎月のデータ量が7GB(3年目以降は7.5GB)を超えた場合に、請求月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。
        上記速度制限は、別途お申し込みいただくことで制限なく利用いただけます(2GBごとに2,625円かかります)。
        「パケットし放題フラット for 4G LTE」はテザリングサービス開始後2年間5,460円/月、その後は5,985円/でご利用いただけます。

iPhone 5の4G LTE 定額プログラム│料金・割引│ソフトバンクモバイル
http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/pg_lte_flat/

期間中に「 iPhone 5 」にご契約いただくと、定額5,460円/月で使い放題の「パケット定額 for 4G LTE」にご加入いただけます。

これらをまとめましょう。

 

iPhone5を契約すると、「パケット定額 for 4G LTE」がパケットプランとなります。
テザリングオプションを申し込んだ場合は、テザリング解放(1月予定)から「パケットし放題フラット for 4G LTE」に切り替わります。テザリング開始までは、「パケット定額 for 4G LTE」です。

「パケット定額 for 4G LTE」は月に1.2GB通信すると、翌々月まるごと一ヶ月、規制される”場合”があります。
「パケットし放題フラット for 4G LTE」は、月に7GB通信すると当月128Kbps制限され、また3日間で1GB通信すると翌日24時間規制される”場合”があります。

というわけでテザリングなしは月々1.2GB、テザリングありは月々7GB(or追加課金)ということになっています。一部ではこの規制される”場合”は3Gでの接続時だけで、LTEは当初の説明通り無制限という話もありますが。

 

 

と、SBCareが公式に、LTEも制限対象と言っておりますので、制限対象です。